人気ブログランキング |

<   2013年 03月 ( 6 )   > この月の画像一覧

ナルニア国物語

f0112996_14412962.jpg


ものすごい面白かった。
今更すぎる。
劇場に観にいけばよかった。
3作とも全部観にいけばよかった。

C.S.ルイスの宗教観が強く反映されているこの物語、
原作は2度ほど読むのに挫けた。
だってなんかちょっとほんの少し、

説教くさいんだもん。

全然ドラマチックじゃないっていうか、話のテンポがあんまりオシャレじゃないっていうか、
そんな風に思って何となく苦手意識があったけど、
映画面白かったー。

あとファンタジー超大作はハリーポッターで懲りたっていうか、
秘密の部屋まで見たけどあんまりおもしろくないんでびっくりしたので、
もうあんまり期待しない方がいいのかなと思っていた。

みたいな言い訳は全然必要ないんだけど!

第1章は良くも悪くも前フリで、映像の力とナルニアのルール説明的な部分が多かったけど、
第2章と第3章で描かれる人間の葛藤と成長はファンタジーの本領発揮でしたね!!

ファンタジーが無用の長物だなんてとんでもないよ。
空想の中で知る痛みや苦しみや恐れが、現実の人間を成長させていくんだよ。
知識として知らないものは体験してもわからないことが多いからなあ。

最近聞いたミヒャエル・エンデの言葉でとても印象に残っている。

「メールヒェンのイメージ言語というのは全く直接的な言語であり、そもそもイメージのレベルで直接理解されるものなわけですが、研究者たちときたら、なんらかの概念に転換しない限り、それが理解出来ないなどと考えているのです。」

そうだよねえ、イメージの理解は感覚の理解と同じようにされるもんだよねえ。
何かの比喩や暗喩であるばかりじゃないよねえ。
はてしない物語のファルコンや憂いの沼は何かに置きかえられるものではないよねえ。
何かに似ていることはあっても。

第3章のルーシーのエピソードはすごく身に染みたなあ。

「私がいなくなっちゃったの」
「君がそれを望んだからだ」
「スーザンになってみたかっただけなの」
「君と共に大きなものが失われてしまう」

「君であることから逃げてはいけない。
 君の兄と姉はナルニアを知らなかった。
 君が私を見つけたのだから」




しかしユースチスみたいなやつを、物語の中ですら許せないあたしは成長していないなあ。
アンパンマンのカバオくんも嫌いだったし。
こういう人間を愛おしい、かわいいと思えてこその大人だよなあ。
はあ、ため息が出るね。
これもファンタジーの力ですよ。
by mouthes | 2013-03-30 15:09 | Movies&Books





友だちが、死んだ。
お見舞いに行こうと思っていた日の前日だった。

帰省とかぶってしまって葬儀に参列できない私を、旦那さんが納棺にお声掛けしてくださった。
こんな日にも遅刻ギリギリに駆け込んだ私を、責めるでもなく、「大丈夫、大丈夫」と。
泣かなかった。
入院期間が長かったということもある。
一緒にいた時間が短かったということもある。
納棺の準備が行われている間、巡らせることのできる思い出は少なく、
でも思いを巡らせる以外にできることもなかった。
過ごした時間はとても短かったけど、彼女が私を好きでいてくれたことを、私は知っている。
だからここに座っているのだ、ということに迷いはなかった。

死に化粧で、口紅の色を決めるのに時間がかかった。
なるべく生きているときに近い色を、旦那さんと、もう一人のお友達と、3人で相談した。
塗っては拭いを何度か繰り返し、ああ、この色だ、うん、と言い合った。
とても肌が白い人だったことを、その時に思い出した。

彼女のことを、大切に思っている人たちで、
彼女のことを送ることができて、本当に良かったと思う。
彼女は、もう老いることはできないけれど、最期まで愛されていた。
宗教違いだったけど、自分の神様に祈った。
ここにいる全員が、彼女と彼女の周囲の人々の心が安らぎの中にあるように祈ってる。
ひと時でも悲しみや恐ろしさの無い場所で、心地よくあるように祈ってる。
そういう時には、教義や解釈は些末な問題だ。

何かが決定的に変わったような気がしてしまうけど、
何も変わってないようにも思う。
生きているときと同じように、これからも関係は変化し続ける。
どのようにでも、続いていく。
by mouthes | 2013-03-24 01:59 | footmarks

風の強い日に

春は風が強くてとってもそわそわする。
今週は「最高の離婚」が最終回だが、みんなそわそわしている。
面白かったねえ、このドラマ。
ひとつの金字塔なのではなかろうか。

姪のバレエの発表会に行った。
泣いた。
何が泣けたのかはあんまりよくわからないんだけど、
彼女が生まれたときのことや、玉入れがうまく出来なくて泣いていた時のことを思い出し、
バレエの練習のために朝早くから夜遅くまで遠いところへ電車に乗っていって、
決まった動作を覚えようと一生懸命練習しているところなどを想像したら、
まあ~泣けること。

生まれてくるってすごいことだなあ。
この子をもっと見ていたいなあ。

結婚ていいなー。
しんどい部分たくさんあるけど、
自分以外のことを真剣に考えて、思いやって、うれしい気持ちになれるっていうのは、
何よりも気持ちのいいことだよ。
幸せそのものだと思う。
自分のことだけにこだわることは、本当にさみしくて不幸せだ。
幼い私がそうだったように。

自分が気持ちよくなるために、自分以外のことを一生懸命考える。
言葉にすると当たり前のことだけど、実際に起こってみるとこんなに不思議なこともないなあ。
もっともっとそんな不思議を体験したいものだ。










何となくこの曲を思い出した。
さざなみCD、とっても好きだなー。



キャンディーズや、山口百恵や、松田聖子の、芝居がかった歌い方大好き!
「演じる」っていうのが女の子の大事な要素の一つだよね。
女の子は意地を張ってる時がいちばん美しいのです。
最近のアイドルの「等身大の私キャンペーン」の芸の無さったらないぜ。
「ありのままの私」とか興味ないって!だれも!
もっとカッコつけろよ!
そこらへんにいる人だってもうちょっとカッコつけて生きてるわ。
でもモーニング娘。も、ももいろクローバーZも、カッコつけてて素晴らしいです。
一生懸命なのがカッコいいんじゃないよ、カッコつけてるのがカッコいいんだよ。






ありのままっつって、
等身大っつって、
カッコつけないのはダセえっす。

湿った肉を削ぎ落として、乾いた骨でカッコつけろ!
by mouthes | 2013-03-18 22:40 | footmarks

愛玩しておくれ




私は今まで、私が他人に求めていることは「愛玩されること」だと思っていた。
老若男女問わず、「かわいいねー、かわいいねー、よしよし」としてもらうことが何よりもうれしいのだと思っていたけど、
違うようだ。

だってそれならそれに合わせた手段を身につけるべきだし、
望めばできることがたくさんある。
それなのに私はゆるフワモテカールにしていないし、
出かける前に必ずマニキュアをしていないし、
聞き役に徹する忍耐を持っていないし、
反対に角が立つようなことばかりしている。

つるつるすべすべが老若男女求められている昨今に、
とげとげがさがさしているところばかりに気を取られている。
直視しなかったらなかったようになるようなことの全てに。

私が今まで一番楽しかったのは、「かわいいねー」と言われた時ではないってことだ。
じゃあ何かと思えば答えは簡単で、
私が一番楽しかったのは、自分の考えたことで、他人と自分が大笑いしたときだ。
そして、誰かが私を笑わせてくれた時だ。
あの気持ちよさったらない。
もっともっとと、思ってしまう。

下らなければ下らない方がいい。
明るくても暗くてもいい。
内輪の小競り合いとか、ちょっとした不幸でもいい。
より多くのことを笑うために、たくさんのことを知ろうとしている。より多くの人と関わろうとしている。
もっと触ってほしいし、触りたいと思う。
全てはもっと笑うために。








自分を憐れむ類の自己愛や、
やり過ぎにひるんでブレーキをかける臆病や、
恥を怖れて傍観に徹することは、
それを乗り越えた先にある笑いを放棄している。
そんなつまんない話ってある?そんな情けない話ってある?

みんな、そうまでして笑いたくないよ、笑えないよって思ってるのかな。

私は、笑うために、怖いけど意地を張る。
もっと多くの楽しみを得るために、全開で進んでいく。





フラカンは男だけど、
私が男だったら、こんなことに意地は張ってないだろうな。
だらしなくたって愛してくれる有能な女の人はいるし、くだらなくて惨めな世界でも楽しみはあるから。
だらしなくて自堕落な自分を愛して空虚に死ぬことすらナルシスの肥やしにしてやる。
しかし、そんなことはしない。
私は女だから。
女は強さに意地を張ってこそ美しい。

尊敬できるほど、面白くて刺激的で意地っ張りな人と、
この先も出会う。きっと出会う。
私が見誤っていたのはそこ。
お兄さんよりも影響力の強い人だって、世の中にはたくさんいるんだよ。

冗談にはその人の人生が凝縮されているよなー。
冗談の面白い人とこの先もたくさん出会えますように!
by mouthes | 2013-03-14 17:18 | footmarks

昨日の飲み会

珍しいメンツと飲み会をした。
気心の知れた3人の友だち。
すごく変わった飲み会になったと思う。
あまり生易しいものではなかったと思うけど、痛いだけではない不思議な刺激だった。
頭がいいのよなあ、彼ら。
あたしは悪いのよなあ、残念ながら。
今までは「面白い」と思われていればまず満足だったけど、
なんとか彼らから尊敬を勝ち得たいものだ。
それには実を身につけないといかんよなあ。
自信を持つにも実は必要だ。
実を得るために行うべきは実践の繰り返し。

今欲しいものに比べれば、
手放して困るものなどほとんどないのだ。
いつだって。

そうはいっても、私が今まで得てきたものっていったいなんだろう。
人と話す力かな。
話すだけならなんだってできる。とても簡単だ。
追いついていないのは、
人の話を聞く力と、話す量に見合った思考力か。
そして、”何よりも”相手を慈しむ心。

もっと自分を律しないといかん。

それにしても、世の中には恥ずかしいことが多すぎる。
女子はなんて恥ずかしいんだろう。
男子なら全然恥ずかしくないことが、女子だとすごく恥ずかしい。
恥ずかしさをぐっとこらえて、恥ずかしさに意地を張って、
欲しいものを手に入れよう。

私の愛すべき友だちが、私のことを好きでいてくれるように、
私が私のことを好きになれればいいのになあ。
by mouthes | 2013-03-12 17:09 | footmarks




降り注ぐ小雨のような歌。
昇ってくる太陽のような歌。
静かに煌めく月のような歌。

何気なく眺めるナイター中継のような歌。
枕に顔をうずめているときに出す大声のようなの歌。
胸が熱くなる握手のような歌。
フラれた帰り道のような歌。

明るい人の上にも、暗い人の上にも、
涙に暮れる人の上にも、罪を開き直る人の上にも、
降り注いでくる歌だよ。

歌を聞くたびに、「どーよ?」って肩を担がれて聞かれてるような気になる。
歌詞や音だけを切り取ったんじゃ伝わらない、圧倒的な「曲」の力。
勝ちたいよなあ、笑いたいよなあ、胸張りたいよなあ。
じゃあ行くしかねえんじゃねえの。
奥歯かんでかんで、ゴー。
by mouthes | 2013-03-01 03:30 | footmarks