人気ブログランキング |

2010年 05月 25日 ( 1 )

いかんせん少し年上なので、1年生の集まりをまとめることが多くなって、
ゆっても一年生はとても仕事が多いので、
その中で全体のことも考えるとなると結構大変で手も回らないことが多いのです。
だけど、その場で出来ることをやらないと、
場が煮詰まってしまうので動かざるを得ないこともあって、
頼られたり信頼されたりすることは結構嬉しいから調子づいてやってたんだけど、

自分が生来そういう人間でないことはわかりきったことで、
足りないところは手の空いている人に埋めてもらおうくらいに思っていたんだけども、
そういう考えが招いたパスポートの更新手続きにまつわる不手際で、父親とひと悶着。

父親の言っていることは正しいし、自分の甘えが全ての原因なんだけど、
「なんだよ甘えちゃダメだっていうわけ!?」と逆ギレする気持ちを振り切れない。
「自分で出来ることまで人任せにしてる子は心配でイスラエルになんかやれないって話になるでしょう」「そうやって自分の望んだことを正しいと思いこんで助けてくれると思ってる所に、あんたの甘えがあるでしょ」「優先順位を考えなさい、物事に対する真剣味が足りない」「自分でやれることも人に任せておおいていっぱいいっぱいだなんて、言いわけにしか聞こえない」と、あまねく言葉は悉く正論で、
「わかった」と項垂れるほかないんだけど、




社会生活って言い始めたら自分の時間なんか犠牲にしたって団体の保持に尽くしてるじゃんあたしは!!!!!!!



という気持ちもある。
一つの団体を保つのにあたしが怠けてるって言いたいわけ!?目の前のことしか考えられなかったの精一杯だったの!!!!!!
考えること行動することを怠けるったってそんな時間はなったの!!!!!!!!!!!
なんでわかんないの!?
心配くらいすりゃあいーじゃん勝手に!!!!

それに加えて涙が出るのは、
あたしがどんなに全力や最善を尽くしたって、本当に望んだ形にはならないってこと。
認めてほしいと思う人に認められたり、甘えさせてほしいと思う人に甘えることができたりしないこと。
「頑張ってる」と思ったところで、結局自分自身を認めたり、愛したりすることもできないこと。

結局あたしが全体のためにやってきたと思っていたことは、自分のためにやってきたことと変わりはないってことだ。

しかしこんなくそ甘ったるい、子供染みたことを書くのは、今日が最後だといい。
by mouthes | 2010-05-25 00:50 | footmarks