人気ブログランキング |

過去

f0112996_2103381.jpg

そういえば、そう遠くない昔に、私はプリクラが好きだった。
本当は今も好きかもしれない。
でもなんか恥ずかしくて、そんなふうに振る舞えないまま、今に至っている。


それでも仲の良い友だちとふたりで遊んだりなんかすると、よく撮っていたと思う。
しかし、いつしか「プリクラはロックじゃねえ」等の、短絡的でありがちなそういった文化への反骨精神から、
あまり撮らなくなり、
突発的に撮ってもむなしくなって捨てたりしていたんだけど、
さっきクローゼットから大量のプリクラを発掘。

懐かしさのあまり一枚一枚全て見返してしまった。
あんまり恥ずかしくはならなかった。
変な顔がヒロトみたいにキマッていたりして嬉しくなったり、
ゲッツのポーズで2007年の深夜にダンディ坂野を思い出したりで、
結構楽しかった。
ただスマした顔のプリクラを見たりすると、やっぱり恥ずかしい。
変な顔だったりすると嬉しい。
当時は全く逆だったことも、あたしを妙な気分にさせる。


そんな風なことをしてたらプリクラが撮りたくなった。
困ったもんだ、こんな夜更けに。
とびきり変な顔して、たくさん落書きして、たまになんかのジャケパクったりして、
キャーキャー騒いだまま別れて、その日一日をたまに思い出したい。
そんなさわやかなもんでなくてもいい。
なんか無性に撮りたい。
誰か、一緒にプリクラ撮ってください。プリ友やりましょう、プリ友。
なにそれ、聞いたことない。



目が笑ってないカワイイ笑顔だったり、女の子はいつだってかわいさのために必死で、
そんなことへの皮肉でプリクラを嫌う人もいるだろうよ。
だってそんな笑顔さ、何年か経って見返しても、ぜんぜん笑えないしね。
先も昔もないくらい笑える顔が最高だな。
だから今、プリクラが撮りたい。
笑えるやつ撮ろう。原型わかんないくらい変な顔の。
by mouthes | 2007-04-03 02:10 | moments!