人気ブログランキング |

映画「ダンケルク」

映画「ダンケルク」の好きだったところ

・カタルシスがなかったところ
・登場人物の名前がほぼ出なかったところ
・夢に見たくない映画ナンバーワン
・砲弾や砲撃がとにかく怖い
・緊張が絶え間なく続く
・放置された病人の担架を担いで知らない兵士と救助船へダッシュするところ
・その救助船から追い出された直後、救助船が砲撃され沈んでいく時の、運び込んだ病人のカット
・生き抜こうとして何度も失敗して元いた場所に戻されるところ
・一緒に死線を抜けてきたギブソンを最後に助けられなかったところ
・体験したことのない痛みや恐怖に、映画を通して引きずりこまれる感じ(肉体感覚の強さ)
・時間軸がバラバラであることに最後まで気づかなかった
・飛行機の戦闘シーン(人を殺しているという感覚のなさ)
・助かった人間たちにある「見殺しにした意識」に比重が置かれてたところ
・死の悲愴さが安全地帯からみる感傷だと冷たく突き放す感じ
・人が死ぬ描写に傷つくことができたのは序盤の5分くらいだった
・ろうそくの火が消えるようにあっけなくパタパタ人が死んでいく様子
・徹底して無慈悲だった




映画「ダンケルク」嫌いなところ

・物語の要所で出てくるボルトン海軍中佐のカッコつけ方
・説明がないからついていくのに必死
・事故や戦闘ではない場所でも生き残るために人を殺そうとする人間の醜さ
・ジョージの死
・最後の明るく晴れ晴れとした音楽


圧倒された。
脳みそが押しつぶされた。
切実さに欠けた映画を観たあとだということもあるのか、度肝を抜かれた。
どんな切実さがあればこうも力がみなぎる作品が作れるのか、しかも戦争映画で!
この映画の素晴らしさは「観るものにカタルシスを与えないこと」に尽きると思う。
勇敢な戦闘も、奇跡の救出劇も、出来合いの友情も、「ああよかった!」と思わせない無慈悲な作りになってる。
そぎ落とされたセリフと轟音だけで戦争の緊張が観客のものになる。
何度も何度も生きるか死ぬかの瀬戸際に立たされて、故郷へ帰ることにこだわって帰ってきたのに、「我々は戦い抜く」と新聞に言わされる。
すげえー、どうやればこんな映画作れるのかわかんねえー、すげえなあー!
すごい映画を観てしまったので語彙力を奪われてしまいました。
クリストファー・ノーランすごい。
すごすぎて意味わかんない。

by mouthes | 2018-02-23 00:08 | Movies&Books