「ほっ」と。キャンペーン

皆殺し文学はやめだ

by mouthes

<   2012年 10月 ( 6 )   > この月の画像一覧

02. 嘘


あの子に謝りたい。
美佐子。
本当は名前を呼ぶ資格さえない。だからあの時声をかけることもできなかった。
額に手を当て、一点を見つめて何かを考えるのはあの子の癖。
その癖がいつの間にか移るほど一緒にいた私たちの関係は、今はもうない。
なくなってしまった。
私たちは何の関係もない。
だから、私が彼女にすがることは許されない。

美佐子は繊細な女の子だった。
周囲もそれに気づいていた。
ただ、解釈の仕方はまちまちだった。
彼女はその繊細さで他者とたちまち感応し、その人の踏み込まれたくない場所を暴いてしまう。
だから、彼女の視線を怖れる人たちが多かった。
彼女にまっすぐ見つめられると、踏み込まれたくない、触れられたくない部分に導かれてしまう。
美佐子はそのことに十分自覚的だったので、あまり人をじっと見ることはしなかった。
どの人ともある程度距離を保って、聞かれたことに曖昧に相槌を打っていた。
そんな態度だから「そうだね」とか、「いいんじゃない」という言葉をよく口にしていた。
そしていつでも窓の外を見ていた。
黙っている時間が長くなり、何を考えているのだろうと思った時に、ちょうどよくつぶやく言葉は、いつもこうだ。
「とても眠いの」。
高校の教室は彼女にとって牢屋のように狭く、初夏のようにぬるく、砂嵐のテレビ画面のような興味のないざわめきで満ちていた。
私たちは、窮屈を共有していた。
自分の中に抱えているものが、私たちを引き合わせた。
早くこの場所から解放されたかった。
だけど何もしなかった。
ひたすら待っていた、新しい何かを。
何もかも吹き飛ばしてくれるような突風を。
途方に暮れてしまうようなとんでもない出来事を。
一滴で一瞬にして日常の色を変えてしまう魔法の薬を。
私たちは待っていた。
ただじっとしたまま。

「どこか遠くへ行こうよ」。
いつもの電車の中で美佐子はそうつぶやいた。
車内アナウンスに紛れてしまいそうな小さな声で。
このまま電車に乗り続けていれば、自分たちの知らない遠くの場所へ行けるはず。
お金なんかないけれど、改札も吹っ飛ばして、飛び出してしまおう。
学校へ続くこのレールの上から。
窮屈なあの場所から。
力のない毎日から。
私は一度だけ彼女の顔を見て、うつむいて、黙った。
頭の中では飛び出した後の現実のことばかり考えていた。
見知らぬ警官や、怒髪天を突くと言わんばかりの両親の顔、変わらない日常。
埋没していればかかわりのない面倒事がどんどん頭の中を埋め尽くしていく。
美佐子がこちらを見ているのがわかる。
じっと、私を見つめている。
「嘘だよ」。
もう一度私が彼女を観たときには、彼女はすでに前を向いていた。
いつも見ている、窓の外の退屈な景色を眺めていた。
とても眠そうに。
「え?」と聞き返したけれど、もう何も答えてはくれなかった。

それからなんとなく美佐子は学校を休むことが多くなり、
受験を目前に控えた年の9月に辞めてしまった。
私はその理由すら知らない。

私が美佐子にしてしまったことは、いや、何もしなかったことは、彼女を傷つけただろう。
だけど、あの時の自分にはそうすることしかできなかった。
それだけはよくわかっている。
私たちは出会うべくして出会ったように、別れるべくして別れたのだ。
わかっていても、後悔から逃れられない。
足もとの影のようについてくる。
私の足からのびる、美佐子の形の影。
光が当たるとはっきりとしてしまう。
彼女の存在は私の中でどんどん大きくなっていって、私自身の大きさをはるかに凌ぐ。
陽が沈むごとに伸びていく影を見て、そんなことばかり考えている。
窮屈と退屈の中で彼女のことを思い出す。
そしてそこから終ぞ抜け出ることのできなかった自分を。
[PR]
by mouthes | 2012-10-28 16:17 | words
久しぶりに何か書きたくなったので書きます。
お題はこちらからお借りしました。




 01. 告白
 02. 嘘
 03. 卒業
 04. 旅
 05. 学ぶ
 06. 電車
 07. ペット
 08. 癖
 09. おとな
 10. 食事
 11. 本
 12. 夢
 13. 女と女
 14. 手紙
 15. 信仰
 16. 遊び
 17. 初体験
 18. 仕事
 19. 化粧
 20. 怒り
 21. 神秘
 22. 噂
 23. 彼と彼女
 24. 悲しみ
 25. 生
 26. 死
 27. 芝居
 28. 体
 29. 感謝
 30. イベント
 31. やわらかさ
 32. 痛み
 33. 好き
 34. 今昔(いまむかし)
 35. 渇き
 36. 浪漫
 37. 季節
 38. 別れ
 39. 欲
 40. 贈り物
[PR]
by mouthes | 2012-10-28 03:17 | words

好きなひとびと

この人たちのためなら、私は言葉を選ぶことができる。
この人たちのためなら、私は時間を気遣うことができる。

軽蔑って悲しい。
こんな気持ちになりたかったわけじゃない。
本当に?

さみしい魂と、浅はかな私のために、
誰か祈ってよ。
心の隅で構わない。
あなたが眠りに落ちる前、ほんの少しの心の隙間で。
哀れんでくれてもいい。
私は私を哀れむことはできないから。
欲深い私ゆえに。
身勝手な心ゆえに。

嘘はつかないよ。
不幸には、なりたくないからね。
[PR]
by mouthes | 2012-10-22 01:09 | moments!

不可避

f0112996_12473737.jpg



「アバウト・シュミット」観た。
すげえやだったなー、この映画。
ジャック・ニコルソン主演で定年後のストーリーだっていうから、
「最高の人生の見つけ方」みたいな展開を期待していたのだが。
映画の構成や、カッコつきの「現実描写」みたいなものは見事なのかもしれないけど、
全体的にもっさりしていてユーモアの切れ味も悪く、優しさのない映画。
ただ、自己完結の陰惨さをあまりだらだら描かなかったというところだけが好印象。それでもやだけどね。2時間もあるし。

現実の「むごい部分」にばっかり目を向ける人は、結局むごさに逃げてるよな。
園子温とかはその亜種だと思う。あの人の映画はむごさをデフォルメすることで現実から逃げてる。
それ意味ないよなー。
必要なのは解決だし、バカみたいに希望を持って戦うことだけだもん。
それは、本当に逃げ場のない戦いだと思う。

「いつか報われる」と思うしかないこと、そして「報われない」ことが絶対にあるってこと。
それだけでとても残酷な戦いだし、両方があってこそ「現実」。そんなんどこでも言われてることだと思っているが、しかし。

この映画のことを、
「定年退職したおっさんが、忙しさにかまけて家族とも自分とも向き合ってこなかったせいで、
 誰とも心を交わすことができずに「孤独だ」とかなんだとか言ってるけど、
 それは自分が逃げてきた結果でしょう?って話だった。この映画の「救い」にあたる部分が大嫌い。」
と兄に説明したら、
「でもそれは現実だな。」
と返された。

こう文字にしてみると、この映画よりも私の映画の見方のほうがよっぽど優しくなくて死者に鞭打つような行為に見えるけど、
そういう描き方だったんだもの!
シュミットが自分と向き合えるように、乗り越えられるようにやさしく導くような物語じゃなかったんだもの!



「人は居心地の悪い場所からは逃げるからな。」と兄。
「お前は逃げていないか?」

「逃げてるよ。でも、逃げていることからは逃げられない。自分が逃げていることは、必ず自分を責める。」と私。
「逃げていたら、楽しくない。楽しい気持ちになるには逃げているものと向き合うしかない。だからやるしかないんだよ。」

兄はうなずきながら、「それができたら一番いいけどね・・・。」というので、
「だって逃げたってさあ・・・仕方なくない?なんも楽しくないよ。死ぬまで逃げるの?」
「死ぬまで逃げたい、って気持ちもあるね・・・」などと思わせぶりなことをいうので、ちょっと面食らった。

私にとって兄は、頑なで理屈っぽいがゆえに誠実な人間なので、
逃げたいものがあるということ自体が驚きだった。
「逃げたい」より「向かわなきゃ」が常に勝るような、そういう人間だと思っていた。

「『自分はこれと同じだなあ、同じは嫌だなあ』っていう映画だったね!」と言われ、兄とはそこで別れた。


逃げていたら、逃げているものがどんどん怖くなる。息切れがしてどんどん苦しくなる。
向かい合って痛みを終えるほうがどれほど楽か。
なんでみんな苦しいほうを選ぶんだろう?



「逃げ」や「甘え」に対して、向き合うことまではできる。
でも、まだ受け入れることはできない。
自分がそれをしていたら、私はきっと許せない。
だから人に対しても不寛容な、突き放したような印象を与えてしまうのかな。
これらを肯定できたら、私はもっと優しくなれるんだろうか。
でも、赦すことと肯定することは違うよね?

「逃げ」や「甘え」を克服するためなら、いくらでも赦せるのに。

みんなえんえんさあ、逃げることばかり考えるんだもの。
向き合うこと考えようよ。
どうせ死んじゃうんだよ?

「逃げちゃダメ」は責めることにしかならないの?

ああそうかー、「逃げるよ」か。
『極東学園天国』でリーチが言ってたのはこういうことか。
「死ぬくらいなら、死ぬ気で逃げようと思ったよ」か。
死なないんだけどね、本当はさ。
そんで信長が言うように、「でも、君は描くことからは逃げられない」んだよね。

逃げてるってわかってんならいっか。
いつか向き合うでしょ。
あたしはあたしの大事なものを大切にしよう。
今、私の手が届かないことは、とてもとても悲しいけど。

よし!
[PR]
by mouthes | 2012-10-11 13:35 | footmarks

でもいずれ抜け道が

逃げることができないから、
逃げないことに矜持を持てばいいのに、
それができない。

自分の持っているものを軽んじて、
持っていないものばかり見つめていじけることが、
良いことだなんて思わない。

理屈。
理屈ばっかり。
苦しいよ。

眠いのか。
寝不足だからか。
会いたい人がたくさんいます。
癒してー。
[PR]
by mouthes | 2012-10-08 23:18 | footmarks

Happy Birthday, so rebirth day!

昨日の夜から、今日の朝にかけてあったこと。
踊り狂う人々と、ありがとうの雨あられ。
あれが嘘でもかまわない!
それくらいの熱と思い出。

最高だった。
あたしも生まれ変わって、目が覚めたところからやり直すよ。
ちょうどふりだしに戻った感じで。

そしたらまた新しく出会うんだよ。
再会するために別れるんだよ。
失ったものはすべて、生まれてくるもののために。
ね、みんなからいろんなものがこぼれてたよ。
涙もやさしさも、笑顔もさみしさも、すべては生まれてくるもののために。



f0112996_9174979.jpg

[PR]
by mouthes | 2012-10-01 09:23 | footmarks