「ほっ」と。キャンペーン

皆殺し文学はやめだ

by mouthes

<   2012年 09月 ( 21 )   > この月の画像一覧

全然行けてない教会

もう、本当に、まともに教会行ってないんだけどさ、実は。
不登校みたいなもんで。

行きたくないんだよ。
つまらねえし。
行ったら行ったで楽しいんだけど、さ。
どうしても、行こうと思うのに、ものすごいエネルギーが必要で、
日曜の朝なんかに捻出できるもんじゃないんだ。

原因は分かってる。
でも相手のあることだし。
ことばにすれば、単純なこと。
気にするまでもない。
だけどこれからずっと付き合っていくのは嫌だよ。
話し合いなんか何の価値もないような、生活と疲労とユーモア不在。
大人なんていないんだよ。

わかってる。
うんざりする。
でも兄には言えないなあ。
あたしよりもよっぽど、うんざりしてるはずだもん。

なんで正しいか正しくないかなんて問題にするんだろう。
そんなつまんないこと。
みんな間違ってんのにな。
正しいからと言って相手に何かを強要することはできないし。
間違っていても面白いことは許容されるし。
だいたい正しいことばっかできるわけもないし。

喜んですること以外は何の価値もないし、
誰かのせいにして何かをするのはなんだって罪だよ。

そして、結局対話か暴力しか選べない私たちは、対話を拒否した時点でいつだって悪者だ。
ギャング映画を思い出す。
HEAT。「できればそんなことはしたくない」の連続。

ずっとカッコよくなりたかった。
カッコいい自分でいたい。
理想は分かっているのに、なぜかそっちに動けない。
プライド?
プライドのためならやってる。
諦めだ。
一番嫌いなやつ。
諦めがあたしの心にあるから、できない。
そっちには行けない。
行こうと思ってもいけないと、決めてかかってる。

言葉の通じない相手に、言葉をかけるしかないこと。
それをあきらめてる。
諦めないことがカッコいいのは知ってる。
でも、無理だって。
だってあいつらの考えてることしぬほどつまらねえよ。
あたし程度の力じゃ届かねえよ。


ああ、でもカッコよくはなりたいなあ。
体に力を入れて歩きたいなあ。

そんで、好きになった人に好きになってもらいたいなあ。
[PR]
by mouthes | 2012-09-30 15:42 | footmarks

伝わるよ

f0112996_13362057.jpg



昨日からわたしは中村一義祭りで、
今も「対音楽」の解説DVDを流しているわけですが、
この人の音楽がどんどん透き通っていくのは、この人がどこまでも澄んでいるからだね。
この人のファンタジーが、いつだって現実の中にあるからだ。
自分のこと、相手のこと、世界のこと、理解するために歩く人の音楽。
空想がいろんなものを飛び越えて私の胸に届くよ。
伝わるよ。
ことばが。
音が。
伝わる。
感情は必ず伝わる。
この人の感情が伝わってくるように。

死ぬほどのしんどい思いをしても、この人は肯定するのをやめない。
それは物事を自分に都合よく解釈するのとは違う。
諦めとも違う。
キツイことと向き合って、それでも、自分の望みを捨てないってこと。
そういう戦いを、この人がやめないということ。











願うことは、この人が伝えるように、私の感情が伝わりますように。
私がそのことに一生懸命になれますように。
それは誰かのためになるよ。
そして自分が救われる。
この人の歌う、「絶対に歌をやめない。」が、私にとって歌でなくてもいいんだ。
やめないよ。
肯定するためだ。
私を、相手を、私の生きている世界を理解するために。


理解するために考えるってことは、物事を肯定する作業か。
そこにあるのを認めるっていうのは、そのまま肯定か。
そうだね。
あるのを認めないことで、わからないといって自分の中から締め出すことで、否定されてしまう事がたくさんある。
だからわかりたい。
知らなくていいことなんてない。
自分に都合のいいことしか知りたいわけじゃないんだよ。
この居心地の悪さも世界だし、いつだって美しい月夜も世界。










私が目下わからないのが、「知らなくていいこともある」という言葉で、
「伝わらなくてもいい、伝えたくない」と思う心。
ひとつも理解できなくて、ずーっと考えてる。
自分や世界を息苦しくするだけなのに、どうしてそんなこと思うんだろう。
息苦しくなりたいのか?
それによって言い訳したいのか?
伝えた方が苦しいと勘違いしているのか?
自分の心の中から一歩でも出たら罹患して病気になっちゃうくらい弱いのか?

あの人たちは編み物のように複雑で、
一本ほつれたところからすべてほどけてしまうような仕組みになっているんだろうか。

なんにせよ、処世術には違いないのだと思うが、
そんな風にしてたら神経がぶすぶすに腐っていくような危惧がある。
何も感じなくなったり、息苦しさから逃れるためにすべてを忘れてしまったりするのではないかと、そういう恐ろしさがある。

伝えるために、これだけの年月に数えきれない多くの人が努力してきたっていうのにね。
そういう意味でヤング≒アダルトは秀逸だったなー。
心交わらないんだよ。
惨めさを分かち合っても、欲しかった言葉をかけてもらっても。




そして、あの優しい人のやさしさが思い出される。
どうなるんだろうなあ。
こんなに長い時間をかけて、あなたのやさしさが届いてしまったからには、
わたしはどうするんだろう。
答えは出ていること、わかっていること。
たまに止めようのない涙が出るよ。
[PR]
by mouthes | 2012-09-29 14:22 | footmarks

好きな人はいるよ




人間にはいろんな気持ちがあるんだなー
幸せな瞬間があるのなら噛みしめなければいけないね。
だから少女マンガは終わらないんですよ。
少年漫画は戦ってばっかいるしな。

ベルセルクのガッツはカッコいいよ。
強いもんな、ガッツ。誰よりも。
グリフィスの強さは危うさでもあったもんな。
強さは美徳だなー。

なんでこう、あたしは性的なところで躓くんだろうなあ。
この性の壁がでかすぎるよ。あたしにとって。他はそこそこ低いのに。
みんな躓いてんの?
セクシーの権化岡村靖幸に教えてほしいよ。
なんであたしだけこえらんないの?この壁を。
考えすぎなの?考えずにはいらんないの!

まー楽しむしかないっすね。それしか能がないっす。
[PR]
by mouthes | 2012-09-28 13:27 | footmarks




秋が近づいてきてとても気持ちがいいです。
夏にお気に入りの服が多い私ですが、季節は冬が好き。
もこもこっとしてたいから。
重たいコートを着たいんだー。

ぎゅーっと切ない気持ちになって、
かえりみられなかった気持ちのことを想って泣いて、
思ったようにはいかないと思いながら、
新しい予感も感じていて。

次はもっとうまくやれるさ、と思いながら、
おなじことを繰り返すんだろうな、と反問し、
そんな迷いはどこ吹く風と気持ちはいつでもアクセル全開です。
ブレーキはありません。
ばかだから。

「食べなくて平気なんですか?」ってよく聞かれるんですが、
お腹がすいているのかどうかがわからないからです。
ばかだから。

ひどいやつはいっぱいいるけど、別に嫌いじゃないし。
惨めな気持ちはなくならないけど、不快なだけじゃないよ。
つまらないことだけを、私は憎んでる。
楽しいことが続いていくなら、それ以上に望むことは何もないです。
どうか他の気持ちに飲み込まれませんように。


秋が来ますなあ。
新しい手帳を買いました。
新しい気分です。
[PR]
by mouthes | 2012-09-26 00:42 | footmarks

結局答え出なかった






結局バイト中一生懸命考えたけど答え出なかった。
全然出ない。
涙ばっかりでる。
ばかばかしい。
くだらない。
おやすい。
これがもし「好きだ」ってことなら、
確かにあたしは人を好きになったことがなかったのかもしれない。
「性的な興奮」と「好き」を履き違えていたのかも。
すごく簡単な少女マンガみたいでくだらなくて、
苦しい。




あの人にずっと甘えてたから、
こんなとき、なんて言っていいのかもわからない。
あたしが声をかければ、余計な気を遣わせて迷惑がかかる気がする。
でも落ち着かないから、連絡がしたい。
ああまた甘えてる。甘えきってるよ、根性が。
ひとりで立つのって難しい。
全然だめだ。
[PR]
by mouthes | 2012-09-22 03:15 | footmarks

借り物の時間の中で







お世話になっている友達が、急に、引っ越すかもって。
珍しくもない話。

ただ、その人に、私はとても甘えていたんだけど、
それが自分で自覚していた以上に甘えていたようで、泣けて。
ただの居心地の良さや、やさしさや、お節介のように思えていた色々が、
その人の前で女の子だった自分が、
無くなってしまうようで。
無くなりはしないんだけど。
そんで、その人の前で泣くような余計な隙を、見せてもいけないと思ってはいるんだけど。
自分が、しょーもなくて、愚かで、全くわけわからん涙が出る。

こういう感情の積み重ねで、
何かがちょっとずつ変わっていくのかな。
まだわかんない。
わかんないけど、いろいろ思い出すたびに、すごい涙が出る。
なんだろうこれ。
あー


ばかだ

融通が利かないんだ、悔しい。

またかよー
[PR]
by mouthes | 2012-09-21 15:17 | footmarks

たまにくるこの波

”かわいい”の波がまた来てしまった。
今度は深津絵里様だ。


f0112996_1564519.jpg



f0112996_1581129.jpg



最近その美しさに磨きがかかっておられるこの方は本当に人間ですか?
なぜ年をとるごとに美しくなるんですかね?

中谷さんもそうだけど、ほんと、化物かッッッ!!

f0112996_1595621.jpg




こんなに可愛いのになぜ売れない!?マイナー美女有名人を毎日紹介していく【200人達成】[NAVER まとめ]


ツイッターで流れてきたので、
このページの画像を見続けてちょっと頭おかしくなりそうだったんだけど、
世の中美人てたくさんいるんだよね。
街歩いててもいないのに。
でも、吸い込まれそうなというか、こっちの張ってる膜を簡単に破って胸に届く美人は少ない。
きゅううってなる美人がいる。
こっちに内面を想起させてくれるような、美麗な空気。
ああーあの目がほしい。あの肌!
造形は無理だけど、あの内面を醸したい。
たまに来るんだよなあ、この波。

もちろん吹石一恵御大のことは忘れてないです。
もちろんです。
でもなんか最近ほんとに、美人が美人すぎないっすか?

広末涼子とか!!


f0112996_2223478.jpg



この人も、色々あったのに色々あればあるほど軽やかになっていくね。
淀まねえんだなってところがもう驚きだよ。
はあー。
色々あればあるほど深みを増していく宮沢りえさんとは対照的だな。


f0112996_2311163.jpg



美しい。


そして最後に「みんなの心にいるあの子」でおなじみの長澤まさみさんです。

f0112996_2395437.jpg


「クラスで一番かわいいあの子」の笑顔を持つ女性。
みんなわかってる。あの子がかわいいってことは。
ただ口にしないだけ。
口にしても表現できないだけ。
あの子のかわいさが。


もう、いま言った方々は好みとか度外視して恋をしないのが難しいくらいの美女。
すげえ。
ああー届かねえ。
いきてえーそこに。
とりあえず規則正しい生活をして、自分を律し、勉強し、人の話を聞き、雑念を払い、無邪気に生きたいです。
そしてこのまっすぐな瞳を手に入れるんだ。
他は届かなくてもいいから、それだけでも手に入れるんだ。

そう決めた。
決めたから、届く。
そこまでは。

がんばるぞー。
[PR]
by mouthes | 2012-09-20 02:45 | study
あとニール・ヤングのライブ盤がかっこよかった。
ベルセルク借りたさにちょっと遠くのTSUTAYAに足を伸ばした甲斐があった。
レンタル落ちで出会ったのだった。


幼なじみと気付けば4時間もドライブをしていた。
やつも色々と大変だ。
いつでも誰かに抱きかかえられていたころからの友だちなのに、
いっちょ前にいろいろ背負って、
憂鬱なツラしてっから、笑い飛ばしてやった。
あと久しぶりにドライブができて気分がよかった。
車は良い。
ロマンスだったらもっといいのに。

明日も掃除。
ううー全然片付かねえ。
早くお出かけがしたい。
こんだけものが溢れてるのに、まだ欲しいものがあるなんて。
くだらねえなー物欲。









[PR]
by mouthes | 2012-09-19 03:56 | footmarks

訓練しよう

訓練しよう。
昔していたように。

自分が感じていること、自分が理解しようとしていることを言葉にする訓練。
新しいものを、自分の中に組み込んで、体を大きくする訓練。
ずっとずっと新しくなり続ける訓練。

来るべき本番に備えて。

じっと考える。
前を見る。
燃えている体に従う。
こういう言葉を吐いているときが一番気持ちいいということ。それに甘んじないこと。
キラキラした心。

掃除掃除!
[PR]
by mouthes | 2012-09-18 16:39 | footmarks

休みの日

傷口が閉じたり開いたりしている。
基本的には開いている。
どろっと出てくる、性欲。
こんなもんなかったら、恋しくもないのに。
共有なんかできっこない。
逃れられん。

でも、前みたく病気にはしない。
膿が全身に回りませんように。
この傷が、ちゃんと傷になりますように。
過去を過去にできますように。
その方法は分かってる。
相手を憎まないこと。
むやみに人を傷つけないこと。
自分を愛すること。
そうすると、愛せないまでも、ゆるせる。
自分の失敗も、相手の不誠実も。
過ぎたこと。過ぎた日々。
思い出せなくなる。
それが切ないとすら、思えるようになる。
これが恋だったならきっと。


今日したことは、兄との散歩。
TSUTAYAに返却。
大量の食器洗い。
映画観て、音楽聴いて。

おなかがまだまだ重いんだー。
体調が全然戻らない。

おとといは、友達に電話して癒されたんだった。
すごく。
なんか、顔も猫っぽいが、猫のような人だ。
半年にいっぺん電話するくらいの、そのくらいの付き合いだが。
海外旅行の話ばかりして。
ちょっとだけ心がほぐれたんだ。


中村一義が、すべて肯定してくれる。
何でこの人、こんなキラキラしてんだろう。
この人の目で見る世界。

美しいなあ。
私のいる世界って、こんなだっけ。







[PR]
by mouthes | 2012-09-17 22:49 | footmarks