皆殺し文学はやめだ

by mouthes

<   2012年 05月 ( 4 )   > この月の画像一覧

戻ってきちゃった

環境って嫌でも変わるわー。
無造作に音符を並べるように、楽しいことも悲しいこともぽんぽん増えていく。
大切なものも、そうでないものも、変っちゃうもんな。


自分が思い通りにできることって、ものすごーく少ないよね、実際。
わっはっはーわれこそはーって、ヒロトが歌いだす季節に近づいてはきましたが。








授業中、高校の英語の先生に、
「たくさん本を読んで、たくさん音楽を聴きなさい。
 あなたが本当につらい思いをしたとき、助けてくれるのはそういうものだから」と言われたことがある。


そして、銀杏の峯田くんが、
「音楽は、心の扉を突き抜けて届くことができる魔法のようなものだと思う」とブログに書いていたのを読んだことがある。


辛いときはかならず一人っきりになるから、
掴みたい人の手に全然届かない時があるから、
そういう時に芸術があなたを助けるんだっていうことだと思ってる。

オザケンじゃないけど、お笑いとかもおんなじで、
「わかるなあ、どうしてわかっちゃうんだろう」っていう時がある。

あれ、すごい不思議。





なんか、
あんなにはっきり感じていた友だちへの信頼や情愛が、
ここにきてぶよっぶよに輪郭がゆがんできている。
何でこんなことになったのかな。
小さい原因はいくつか思い当たるけど、そんなことは、「そんなこと」なのに。

友だちって、
中途半端な付き合いならいらないと思ってたし、今もそう思ってる。
私にとっては、壊そうとしても壊れないもの、汚れても輝いているものだけが宝物だ。
少しのキズにひやひやしたり、汚れで興をそがれたりするようなものは、
持っていても気苦労ばかりしてしまって楽しくないので、いらない。
いつか要らなくなるものを持つような余裕は、私にはずーっとなかった。

それでも、友だちってできたよ。
私のやり方で友だちをちゃんと手に入れてきたのに、宝だと思えるような関係があったのに。

折り合いが悪いときには、悪いことばっかり考えちゃう。

変っていくのが不安なんだよね。
好きなものを嫌いになりそうで怖いんだよ。
そんときゃそんとき、って、元気な時なら思えるんだけど。

考えてたら、こんな時間。




ああなんか、まずいかも。
これは悪いらせんのような、気が。
うー。




おあつらえ向きすぎて気が萎える選曲でお別れです。
おやすみなさいませー




[PR]
by mouthes | 2012-05-28 03:00 | footmarks

昔話

むかしは、

体の中にもやもやが充満していて、
わからなくていらいらして、
片っ端から言葉にしていた。
そのもやもやがない時なんて、少しもなかった。

でも今は、
もやもやしているときの方が少ない。
言葉は、必要最低限で、
無駄口がつつしめるようになった。
自分が何を考えるどういう人間なのか割とはっきりしていて、
使いたいときに適切な言葉が出るようになる。


ただ、
過去の一場面ばかりが、何回も頭の中で繰り返される。
失敗してしまった過去。
正解のないできごと。
一発ドカンとひっくりかえって、正解にならんかなあと、意味もなく反芻する。
意味がないので、正解にはならない。
あの失敗。
媚びた笑顔。
自惚れた行動。
先走って、傷だらけで。
今も行くのが怖い場所がある。


フラカンの東京タワーを聴くんだ。
泣きながらでも寝て明日学校行くんだ。





[PR]
by mouthes | 2012-05-25 01:30 | footmarks

一日に起きること

書くことねえなー。

これから親子丼作んなきゃ。
眠くて仕方ねえけど。


少女ファイトの新刊、楽しみだな。
もうすぐ月光条例も最新刊でるんじゃないか。


玉ねぎ買い忘れて、親子丼作るのやめました。



ほんっとーに書くことない。
何でこんなにないんだろう。

怒ってることや、大変なことはたくさんあるけど、
それは、どうしても誰かに聞いてほしいような事柄じゃなくて、
伝えたい「誰か」が明確に存在する事柄だ。

2限に寝坊しちゃったり、
マネーボールが道徳のVTRみたいな普通のいい映画だったり、
女王フアナに出てくるフェリペが倒れたときはざまあみろっておもったり、
あの人を見かけてとても体調が悪くなったり、
あの子に嫌われてないか、と思ってみたり、

してますが、


まあ、

関係ないよね。
あたし以外には。
そしてあたしを大切に思ってくれている人以外には。


退屈もしてないし、無気力にもなっていません。

「何か面白いことないかな」とも、思っていません。



いらいらもしてないし、愛想笑いも少々、だいたい笑いながら生きてます。


ご飯たーべよ。
[PR]
by mouthes | 2012-05-16 00:28 | footmarks
景気の悪い話ばかり書いてしまう癖がついているので、
他愛もない話をすこしばかり。





芸術の先生と出会ってはや5年が経つようです。
体も少しずつ大人になってきました。
まだ分別はつかないし、知識も全然足りません。

ただ、茨城のりこさんの言うような、
「私が一番きれいだったとき」に近づいているような、得も知れぬ高揚感を肉体で感じております。


22です。



私がこれまで感じてきた違和感や、憤りや、羞恥心は、
少しずつ溶けていって、
寂しい気持ちや、人を傷つけたくなる癇癪に似た衝動と、振り回されずに向き合えるようになりました。
二度と、やつらが、私を支配することはないのです。
私が覚えていることのすべては、
喜ぶためにあるからです!


ということを、今日先生に会って再認識しました。





教員免許のために、
もう一人の先生にも会わなければいけないんだが、会えるだろうか。
久しぶりに、長い話がしたいなあ。
あの先生と長い話だなんて、それだけですこしメランコリーなもんだ。

私を支えてくれている人の全て。
私に喜びをくれた人の全て。
教育が、人を作るのだと教えてくれた人の全て。

まるで数えきれないのだが、それは感謝も同じ。
[PR]
by mouthes | 2012-05-02 01:58 | footmarks