皆殺し文学はやめだ

by mouthes

<   2010年 07月 ( 5 )   > この月の画像一覧

免税店の魔力

f0112996_10202662.jpg

なんでこんな欲しくなるんだろ

だいたい旅行にいらないものが


というわけで今日から二週間イスラエルに行ってきまーす
[PR]
by mouthes | 2010-07-31 10:20 | moments!

トイ・ストーリー3

f0112996_2242890.jpg



もうたまらなく面白かった。
映画が終わった後には、ほっとするような寂しいような、少しだけ放心してしまった。


ネタばれせずに良さを語るのは至難の技だろうなあ…。


もうあんまり夢中だからピンバッチのガチャガチャも忘れなかったしね、
ドリンクカップも買ったしね、
なんでこんな夢中になっちゃうんだろうって思う。


「アニメなんかで泣けないぜ」っていううちの長兄みたいな人は、すげー損してるのう。
「ピーター・パン作った人の「ネバーランド」では泣いたけど」って別に良いけど、
泣きの質と量が段違いだもん、「トイ・ストーリー」は。

大人の事情とか、含みとか、ヒミツの目配せとか、
そんな小手先の技を一切必要としない圧倒的なストーリーがあるからね!!!!



アンディとおもちゃたちの関係が涙腺を掴んで離さないんす。
一緒に遊んでくれたアンディとの楽しい思い出を回想するところも、
難しい願いだと分かりつつもう一度遊んでほしいと望むところも、
どんなふうに思われてたって「アンディのおもちゃをやめることはできない」と奮起するところも、
その全てが切なる願いでね、おもちゃたちにとっては。
それがアンディには絶対に伝わらないところもまた、たまらん。

そんで幾重にも重なるストーリーと怒涛の伏線回収は見事というほかないっす。
アクション、サスペンス、ラブストーリー、ミュージカル、ヒューマン、
あらゆるジャンルの映画史がまったく違和感なく詰まっていて、
どこをどう見ても楽しめる。
映画としても本当によく出来てる。



ただそんな臭い映画論など取るに足らないことで、
ほんとに何も考えず夢中になれるすげー映画なんだってことを言いたいね、常に。
本当に面白かった。心から大好き。
ああもう今日は楽しかった。
[PR]
by mouthes | 2010-07-25 22:42 | Movies&Books

戦慄のファイト

f0112996_1137234.jpg







f0112996_1138648.jpg


少女ファイト(7)特装版

特典は


『少年ファイト』
!!!!!!!!!!!!!!!!!!





戦慄して!とりあえず!今すぐ!わかって!

すごいすごいすごいすごい!



藤田和日郎に幸村誠に日本橋ヨヲコなんて和洋中三つ巴のフルコース料理みたいなものじゃないか!!!!!!!!!!!!!!!

即予約。やばい。涙目になるくらい楽しみだ。
こんなに楽しみなことが世の中にあり得るんだね!!!!!!!!!

ああああああああああああ待ち遠しいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいい。
[PR]
by mouthes | 2010-07-22 11:41 | footmarks
f0112996_21164474.jpg



ドロドロ系トレンディドラマでした!



こういうどうでもいい話を定期的に見たくなるのはどういう遺伝子なんだろうね?
絶対何かに毒されてるよねー。

でも三上博史出てんだよ?三上博史!動く三上博史!


ほんとにハンサム芸人ですよ、三上博史は。
「ひろし」って名前がついてこれほど超絶カッコイイのは三上博史だけ!



また高橋克典に三上博史を当て込む感じが、すごーく恣意的(笑)

劇団系の濃ゆい演技をする人たちを集めたのはわかるけど、
なんか怪優が怪優を呼ぶって感じ。


高橋ひとみが女医っていうのも「いかにも」だし、
時折入るモノローグとかやりすぎだしwwwww
80年代ど真ん中!

そして脇を固める須藤理彩・吹越満の全力がたまらんすよ。
脇役かと思いきや話を加速させるのにこれ以上ない役回りだし。


そんで「天使なんかじゃない」もそうだけど、主役の二人にまったく好感持てないというねw
優等生のイケメンと美女の不倫なんて『知ったこっちゃねー』感が半端ない(笑)

やっぱり三上博史だよなー三上博史。すごいいいよな。


最近のトレンディ系は出てくる人たちがあっさりしててつまらんもん。
ブザービートとか?あんま見てないから例があげられないけど。
そしてブザービートの相武紗季のビッチな感じはすごいよかったね!
でもこういう古くさくて泥っぽくて全然おしゃれじゃないドラマの方が、落ち着く!



今日も暇な日。
明日から3日くらいちょっと忙しい。
[PR]
by mouthes | 2010-07-21 21:15 | Movies&Books

宮沢りえ





いやーいい。

宮沢りえの良さはあたしなんぞの想像力をかるーく越えていくね。

うっふぇーーーーーーー

いいなあーーーーーーーーー好き!




男子たちが、「学校でも雑誌でも女子はすぐ『カワイイ女子』を探すよね。なんで?」と言いますが、
それは『カッコイイ男子』を探すより簡単で楽しいからです。

だいたいこと『男子』に限ってはカッコイイから好きになるわけでもないし、
いわゆるカッコイイ男子は、『頑張って』気取っている感じがして、それが苦手な女子は多いはずです。
その点『カワイイ女子』はいい。
カワイイ女子は自分のことをよく理解している。
自分の好みとか方向性とか望んでいることとかはっきりしてるし、わかりやすいし、すげーいい。
完成度が違う。
勉強になる。
見てるだけで。
しかし自分の中で生きない。
なんでだろーね?

他人事だからかな?

カワイイとか他人事だと思ってるからかな?

なんか別に、やりたくないんだよね、そんなこととか思っちゃうからだな。

結局何だろう、あたしって。
一つはっきりしてるのはお兄ちゃん子だってこと。
もうそれだけな気がしてきた。
でもあれかな、今弱ってるからよりどころにしようとしてるだけ?
お兄ちゃんは揺るぎねえからな。
外が楽しかったら全部放り投げて楽しいことにどっぷりつかっちゃうくせにな。
結局自分が今一番大切にしたいことがはっきりしてないから迷うんだよな。
そんでそういうことが決まってないから人と向き合えないし、無茶な付き合い方しちゃうんだよな。
また無茶な付き合い方が成立し続けてきたところに問題があるんだよな。
問題はないのか。
そういう人がいてもいいのか。
あんまり多くはないだけか。
がっかりする必要はないのか。


友達は、不特定多数の人に好かれたって仕方ないよとか言うけど、
おまえは好かれてんじゃねーか!と僻み根性丸出しで反発してしまう。
で、友達を見てると、
やっぱり望むものと方向性がはっきりしていて、揺るぎねえ部分があるんだよなー。
そういうところが好きなんだよなー。
結局小判鮫気質の抜けないあたしの問題なんだよな。
あたしは人にすり寄っておこぼれを頂こうとしているだけの小物の典型なんすよ、本来は。
ただただ楽しいことのために後先考えないだけで。
勇気もなければ根性もないんすよ。
こんなあたしをハンマーヘッドシャークかなんかと勘違いしてる人たちが寄ってきてもどぎまぎしちゃうのは、仕方ないよね。

勇気があるとか決断力があるとか意思が強そうとか、
そんな上等な部分の全くない小物なんだって思われたら思われたで腹たつけどな!!!!

毎度毎度こんな調子ですみません。
まあ誰も読んでないからいいよね?



情緒不安定極まりねえな・・・・
[PR]
by mouthes | 2010-07-18 00:09 | footmarks