「ほっ」と。キャンペーン

皆殺し文学はやめだ

by mouthes

<   2009年 12月 ( 10 )   > この月の画像一覧

何をどうやって書こうかな。



今日、communneで中村ジョーさんと鈴茂さんの話を聞いた。
クリスマスの話とか、映画、音楽の話。
小洒落た話がたくさんあったので、おめかししていった甲斐があった。
終わった後、すずもさんと渋谷でコーヒーを飲みながら話をした。
渋谷に行く途中でツッかかって来た男の話とか、やっぱり映画、音楽、クリスマスの話。
緊張と高揚で地味に身体が痺れていて、うまく話せないところが多かったけど、
気付かされることがたくさんあった。



そのひとつは、今更なんだけど「自分のなさ」というか、「理想のなさ」。
それは奇しくもこの前テツさんとも話したことだった。

良くも悪くもあたしは影響を受けやすい。
それはきっと、自分の中に「理想」がないから。

あたしは自分の良さがいまいちわからないので、
そのせいであたしを好いてくれる友達を疑ってしまうことがよくある。
あたしは、あたしみたいなやつがいたら多分嫌いだし、
下品でずるくて調子こいててうまく立ち回ることばっかり考えてる、しかもそれすら満足にできないどうしようもないやつだと思うに決まってる。
だからあたしは他人の言うことにかなり従順だし、自分の意思なんてあまり感じたことがない。
反発するときもあるけど、し続けることはほとんどない。
大概は「きっと自分が間違っているんだ」「醜いのは自分の方なのだ」と納得しようとする。
これはあたしが悪口を言うときの前提でもある。
どーせブスの言うことなんか誰も聞いてないんだからなんでも言ってやれみたいなね。(最低です)



長い間、従順であることや不器用であることが、あたしにとっての美徳だった。
だけど、それはどうやら違うみたいだ。
従順や不器用は、わかりあう努力を怠るための言い訳だ。
このままでは他人に人生を委ねたまま生きて死んでしまう。
他人の価値観や、その場の空気に左右されない、
「自分の理想」が欲しい。
それにそって自分を認めていきたい。
いつまでもだらだら駄々をこねるのはやめにしたい。

来年、2010年の抱負は、ずばりこれです。

「自分の理想をもつこと」。

「人と丁寧に付き合う」っていうのがここ何年かの課題だったんだけど、
丁寧に付き合うにはまず確かな理想を持つ必要がありました。
それをひしひし感じた一年だったなー。



【関係ない付記】

今ね、長兄が正念場なんだけど、あたしね、なんとしてでもお兄ちゃんのこと守ろうと思うんだ。
出来る限り、全力で。
お兄ちゃんが今まであたしを大切にしてくれた分を、少しでも返すつもりで。
あたしが守るよ、兄ちゃん。
大好きな兄ちゃん。


♪THE POGUES「If I should fall from Grace with God」
[PR]
by mouthes | 2009-12-26 23:47 | moments!
もうタイトルに含み持たせたくないくらいM-1面白かったなあ。
すっげー面白かった。
すごかった。
鳥肌ビシビシ立った。
アンタッチャブルとかブラックマヨネーズが優勝した時みたいなゾクッとする感覚はなかったけども、
もう感動した。
いや、決勝一回目の笑い飯が終わった時は、面白すぎてゾクゾクした。
見る前まで笑い飯でこんな笑うって思わなかった。
設定から大ボケ小ボケ、何から何までM-1史上一番面白かった。


ただ、やっぱりM-1の中では「若手漫才師の養成」という大会理念が大きいよなあと思わされる大会だったなあ。
だってみんな面白いからなあ。
でもM-1で優勝した漫才は「お手本」にならないといけないから、
独特の味ってあんま評価されないのが難しいところだよなあー。
NONSTYLEの漫才ってきれいで完成度も高いけど、如何せん大笑いしたことないし、
ハライチの漫才は面白いのに、9組で比べて見てしまうと動きの少なさばかり目立ってしまう。
ナイツが「15分でやらせてください」って言ってたのもきっと冗談じゃなくて、15分あの掛け合いをやり続けてしかも面白いって本当に「芸だな」と思うし、それを見せたいのに、見せられない。見たいのに、見れない。もどかしい。
ただハリセンボンは、去年のザ・パンチ状態というか、漫才を見て「面白いコンビのはずなのに・・・」と思ってしまったことが何より残念で・・・。

何はともあれパンクブーブーの優勝、おめでとうございます!
当たり前のように面白いことの底力を見せつけられたというか、誰が見ても絶対に面白い漫才。
すごい。

だけどナイツ、モンスターエンジン、南海キャンディーズ、東京ダイナマイト、
ふたネタ目が見たいコンビがいすぎてなー、
「最終決戦どうなる!?」っていうより「残念だなあ」って言う気持ちの方が強かったな。
だってすごい面白いのに、最終出れないなんてことがあんだもんなあ。


東京ダイナマイト見てると、たしかにはちみつさんとサンドウィッチマン伊達さんとはツッコミが似てる。
だけどはちみつさんの方がより味が濃い。
本当にチンピラの元締めみたいだし。
きっと、はちみつさんがもっと前に出るツッコミだったら、わかりやすいしボケも増えるんだろうけど、
そうすると東京ダイナマイトの空気感が、あの面白さが消えてしまうんだもんね。
絶対面白いのに、すごい面白いのに、もどかしいよなー。



南海キャンディーズがいつものポーズで出てきたときは、あたしちょっと泣いてたもんな。
山ちゃんの「天才になりたい」っていう本で初めてのM-1決勝の舞台裏を読んだから、
舞台に上がる二人の気持ちが伝わってきてしまって。
まーM-1に出るコンビ、多かれ少なかれみんなそうなんだけどさ!
緊張で口がからからに乾く中で、足ががくがくしながらも、

「大丈夫だよね、あのネタ絶対面白いもんね」「うん」

ていうやりとりが、またあったのかな。
なんかそういうの考えちゃうよ。
面白かったーやっぱり。
笑った。
あのコンニャクのくだり最高。
「ショートコント、筑前煮」「ック!!!」
しずちゃんの動きでボケ爆発してたし、山ちゃんのツッコミもキレキレで。
ほんともっかい見たかった。

モンスターエンジンめっちゃカッコよかったよ!!
球で言うなら、直球の魔球!?
「増える魔球」みたいな、あの、捉えどころのない狂気(笑)
正気であそこまで狂える人あんまり見たことないよ。
カウスさんに「ちょっと、ガラが悪かった」って言われてたけど、ほんとにそうで、
型破りって言うよりはわざと型に収まってる問題児(笑)
そこがカッコいい。しっかり相手の土俵で勝負する心意気が伝わってきた。
「今年もまたあの話題で盛り上がったら全員殺す」とか、制限時間4分をフルに使って仮に思ってたとしても言わないフレーズのオンパレード!
そういうのが笑いになるのが「お笑い」のいいところだもの。
モンスターエンジンも今までで一番笑った!
カッコよかったー。
最高だったー。




今mixiのニュースで読んだけど、島田紳介が

「M-1での優勝は無理やけど、僕は山里は天才やと思ってるんです」って・・・・





山ちゃん!!!!!!!!!!
[PR]
by mouthes | 2009-12-21 11:53 | footmarks

覚悟をキメる

最近人と話していると、いつもこんな結論を出して無暗に不安になる。



「どっかで、覚悟を決めなきゃいけないんだよなー」



それは、本当のところは今までずっと避け続けてきた課題で、
私にとっては、「大人になる」だとか、「自立する」とか、そういう意味の言葉。

覚悟を決めるのは、すごく怖い。
小さいころに怖がっていたお化けの数十倍怖い。
「自分はわざわざ挫折に向かっているのではないか」というどーしよーもない強迫観念に足を取られ、
「失望するくらいなら期待しない方が良い」とか性根の腐った考えにすがりそうになる。



自分の答えは、問う前から決まっていて、

「うまくいこうがダメになろうが何が良いかなんてどうせ死ぬまでわかんないんだから、
 あたしはとりあえず足を踏み出すしかないのだ。欲しいものはある。理想の形がある。今はそれに向かう。」

私にとっての大人とは、つまりそういう人間のことで、
自分の欲と向き合い、理想を持ち、自分を育てる人のことを言う。
あたしはちゃんと、大人になりたい。
だから、悩んだりしているわけではなく、ただひたすら、怖い。
夢のように輝いていた自分の理想が、化け物になって襲ってくる。
泣きそうになる。
このままダラダラしていたい。
誰かに纏わりついて、ある程度慈しまれて一生が終わるならそれでいい。
何も分からなくていい。
何も知らないままでいい。
私はいつだって、心のどこかでそう思っている。
覚悟がないから。



覚悟を決めなければいけない。
出来るだけ雄々しく一歩を踏み出したい。
とても、怖いけれど。
[PR]
by mouthes | 2009-12-17 15:38 | footmarks

ミッシェル

ミッシェルカッコ良すぎ。
ラストライブ見終わってCCC行ってCUE行って今家路に着く。この上なく清々しい気分。
会場は、まあなかなかの熱狂と少しの哀愁を焚き込めつつ、多少予定調和な感じはしたものの、悪くなかった!
ミッシェルの合唱なんてこの先絶対できないだろうし、踊ったり踊ってる人を見るのは最高だ。

始まったばかりのときは身動き取れなかった。ハイネケンも相俟って、体が痺れちゃって。
仁王立ちのまま二、三歩後ずさり。
だけどドロップのイントロが鳴り響いたとき、なんか納得した。
ミッシェルは終わらなきゃいけなかったんだって。
フリー・デビル・ジャムが始まって、体に血が通ったように動き出したら、
ぶち込まれたデッドマンズ・ギャラクシー・デイズ。
少し泣いちゃった。だってアベとキュウちゃんが泣いてんだもん。

あーミッシェルかっこよかった。最高かっこよかった。

なんか、ラストライブってミッシェルが死んじゃうのかと思ってたけど全然そんなことなかった。
よくあんなバンド13年も続いたよなー。
あのエネルギー、あの純度で、生活とか人生とかぶっとんでしまう夢のような立ち姿のまま、
よく続いたよなあー。


フラカンとかエレカシとか、長く続いてる良いバンドって、
過去のこれまでもこれからの生活も全部バンドに巻き込んでるから、長く続くのわかるけど、
ミッシェルってそこらへんふわっふわだし、ただ最高にカッコイイだけのバンドだったからな。
それで、13年でしょ。
長い夢だったなあ。



みんな思うことだと思うけど、ラストの曲がデビュー曲で、「世界の終わり」だなんて、出来過ぎたよ!
どんな筋書きだよ!
めっちゃ綺麗だったなーあの終わり方。
終わったからって死ぬわけじゃないんだよな。
あれはミッシェルのベストアクト。
ミッシェルの時間は最高のときに止まったよ。
ほんとに時間て止まるんだな。
あー大好き。今までより好き。もっと好き。ミッシェル最高。ミッシェル気持ちいい。
全然関係ないけど今すごく口説かれたい。見初められたい。ちゅーとかしたい。べろちゅー



♪THEE MICHELLE GUN ELEPHANT「夜が終わる」
[PR]
by mouthes | 2009-12-16 00:47 | moments!

翔子

きのうあった歓びの出来事ひとつ。

成人式ともなれば高校の時の同級生で集まるなんていうのはよくある話で、それが中高一貫ともあらばなおさら。
まあしかし、知っている人は知っているように、あたしは学校自体にたいした思い入れがあるわけでもないしね。
会いたいと思ってる人にはちゃんと会ってるし。
だいたいヤなんだよ正直言うと戻りたくない日々だから旅の恥だと思ってかき捨てたい。


でもね、ただこの子だけには、会っておかなきゃって子がひとり。
どろどろの据えた牛肉のような日々の中にあって、曇りのない喜びに満たされた思い出。
それが翔子。

学校で一番かわいくて、賢くて、食べ物に例えるならいちごのショートケーキみたいな女の子。
甘く柔らかく角はなくとも、揺るがない王道を歩く。
私は彼女に嫉妬したことがない。
それは、彼女が人に嫉妬をしない女の子だったからだと思う。
彼女はいつだって自分のもつ恵みを自覚していたし、それを誰かと比べたりしなかった。



6年間の中で話した時間はきっと、短くわずかなもので。
ちっとも興味のない数学の時間、前と後ろの席で、最初は好奇心と手持ちぶさたから。
そのたかだか50分程度の時間に、何度か人間や聖書の話をした。

その時の私は、受験生活にあって自意識の過度期というか、
自分の信仰や、人と接する姿勢を、ひとつひとつ整理をつけていく時期だった。
とにかくいっぱいいっぱいで、いつも誰かに話を聞いてほしかった。



ある日、いつものように午後一の数学の授業の前、席に着きながら翔子が言った。

「みわちゃんさ、前に、神様はお母さんの胎内で一人一人を完璧に作ってるって話してくれたじゃん」

「うん、したね」

それはきっと何週間か前、教会の説教で聞いた話。
当の本人は話したことすらほとんど忘れていた。


『神様は母の胎の中でひとりひとりを大切に自らの手で作る。
 こいつは適当に済ましちゃおうなんて、そんなことは絶対にない。
 その人の姿が、神様の見る完璧で、自分が嫌いな欠点も、完璧な要素の一つなんだってさ。』


「そう思ったらさ、自分が嫌いな人でも許せるような気がするよね!」


どこか自分に言い聞かせるような口ぶりで、少し笑った翔子。

うん、そうだね、と、短く答えた私の胸は、なんだか温かくて、泣いちゃうかと思った。
自分が発した言葉が、翔子を通して自分に帰ってきた。
それは神様の言葉で、間違いなく救いで。



翔子と何度かした、そういう短いやり取りが、今のあたしをどれほど支えているかと思う。

自分の何気ない言葉が、人の中で育っていくこと。その喜び。
そんなことばかりじゃないけど、あたしなんかろくでもないけど、たしかに喜びがあるってこと。
教えてくれてありがとう。
彼女には、会ってそれを伝えなければ。



きっと二人で会ったら気を使うし、手紙を出すほど大層な話じゃない。
お互いにそんなことはただの日常で、わざわざ取り沙汰すのも気恥ずかしい。
だから大勢で集まるときに、すれ違いざまの立ち話に、それくらいでちょうどいい。


でも全体連絡で「来ないかも」って噂を聞いて、2年ぶりにメールした。
アドレス変えてたら、とか、ていうか誰?って思われたらどーしよーと内心おっかなびっくりしながら。
だけどすぐに返信がきた。
「うれしー」の一言が、なにより嬉しかった!


きっと再会しても、今までの関係性が変わることはないと思う。
メールもしないだろうし、二人で遊んだり、旅行をなんて話にも、絶対ならないだろう。
でも、あと10年経ったら30歳になって、一通りスレた大人になった時、
言葉にしなくてもさ、温かい気持ちを共有できたら、と思うんだ。
言葉にならない悲しい気持ちや、喜びや、淋しさを、笑いあいたいなー。

あたしの大切な思い出。天使のような女の子。



♪サニーデイ・サービス「今日を生きよう」
[PR]
by mouthes | 2009-12-14 10:51 | footmarks

先生

また母校に行った。まあたくさん用事があって。
例によって仰げば尊い我が恩師たちとたくさん話す。楽しい。

なんか、あたしの中に成長を見てくれているようで、嬉しい。

先生たちと話すとお腹が減るし、話しながらだとたくさん食べれるから、便通も良くなるし。
お互い前会ったときよりも疲れていたけど、会えてよかった。話せてよかった。

自分の成長のことを考える。

「どうでもいいこと」と「外せないところ」の分別がつくようになったこと。
人の力を、芸術や慈愛を、信じられるようになったこと。
それは、先生たちがいなければ、知ることのなかったこと。

そういうものに助けられて、あたしはこの二年間を歩んできた。
やっと人を信じられるようになるところまできた。
まだ早いとは思いつつも、胸がいっぱいになる。
「信頼」。信じて頼ること。そして頼られること。
迷惑を依り頼んで、迷惑を引き受けること。
私は、本当の意味では、今まで誰も信じていなかった。
子どもだったから。
ただ、経験した。
誰かに依り頼むこと。誰かを引き受けること。
迷惑って引き受けた瞬間に迷惑じゃなくなるんだってわかった。
「信頼」に絶対に必要なことなんだと。



生活の中で、これまで、ずるいやり口でうまくやり過ごしてきた。
物分かりがいいふりをして、考えたくないことを巧妙に避けたこともある。
それでも、自分に全力で向かって来てくれる人に出会えた私は、すごく環境に恵まれている。
環境には、恩返ししないといけない。
いつまでも甘えてはいられないんだ。

大きなことを成すために、どこかで覚悟を決めなきゃいけない。だけど、それが怖くてたまらない。


そう先生にいったら、先生はたいしたことではないといった風に、
「その覚悟は終わりではなくて始まりだから、踏み出すしかないよ」と言ったのでした。



ナ、なんだい、言われなくてもワカッテライ!

励まされて拗ねる私は、まだまだ子どもです。



♪Michael Jackson「ビリー・ジーン」
[PR]
by mouthes | 2009-12-12 01:51 | moments!

見逃した

ダウンタウンがトークしていたなんて・・・・・・!

80年代後半以降に生まれた者たちにとってのダウンタウンの存在感て、多分あまり語られることがないと思うのですが
なんていうかこう、妙な感じなんですよね。
ダウンタウンが一時代を築いて、それに憧れたり反発したりしている人たちがいて、それを少し離れた所からみている世代なんです。
だから同世代で話をしていてもダウンタウンに対してフラットに興味がない人もざらにいるし、
新古典みたいなものであって、トップトピックではない。
私は兄がいたので憧れの尻馬に乗るような形で、「エキセントリック少年ボウイ」を毎朝口ずさむような幼児でしたが。
あの頃、ガキの使いのビデオに吉本新喜劇を上書きして怒られた。
家の和室でひとり、初めて見た板尾係長の衝撃は今も忘れない。
ひたすら怖かった。
ゴジラのテーマと沈んでいくおじさん。
「どこに帰るんだろう・・・?」
ダウンタウン、板尾創路、Wコウジ、つまりごっつのあの感じに対して、
「よく知らないけど教養として当たり前のように好き」くらいのぬるい感覚を持っている世代です。
今見ても気持ち悪いくらい面白いごっつええ感じだけど、できるなら熱狂の中で見たかったなあ。




【2009/12/06 1年9か月ぶりのガキ使トーク】
[PR]
by mouthes | 2009-12-10 12:14 | footmarks

生きる力

芸術は、生の力。

「ボーイズ・オン・ザ・ラン」聴いたらちゃんと絵が描けたよ。
愛してる。



銀杏BOYZの音楽は、虚しさの隙間から胸をこじ開けて、
いつも勝手にあたしの一部になっていく。
愛してる。

銀杏BOYZが新しい歌を聴かせてくんなきゃだめだよ。
やっぱりダメだったんだ。
聴けてよかった。
愛してる。


いつもより、今までよりずっと、
愛してるっていう歌。



♪銀杏BOYZ「ボーイズ・オン・ザ・ラン/べろちゅー」
[PR]
by mouthes | 2009-12-08 22:51 | moments!
大好きなんだよなー。
相手がいるんだかいないんだか、人目を気にしてるんだか気にしてないんだか、
だけど自分の目の前の世界に誠実な怒りを燃やすヨッパライの独り言のような佇まいが。
サイッコーだね。
ぜひできるようになりたい。
そういう言葉って内容がきつくてもどっか優しくて、知的でさ。
カッコイイ。
こういうのをカッコイイっていうんだよ。
あたしの憧れていた、今も憧れている大人の姿。
どんな情けないところもカッコよく見せる姿勢の良さというか。
ジョニー・ロットンやジャニス・ジョプリンや坂口安吾や立川談志。他にもたくさん!

無駄を一切省く集中力で、一点突破する生真面目ストイックも好きだけど、
あたしはやっぱりこっちかなあ。
こっちには諦めと希望が一枚になった笑顔がある。やっぱこれだと思わざるを得ない。

銀杏BOYZの新譜を買えていない。
なんかなータイミングが合わんのよな。
明日美学校にいくついでに渋谷タワレコに寄る予定。
あ、いらないインフォメーションです。
早く聴きたいーーーーーーー聴きたいーーーーーーーーー

今年ももう残りわずかです。
良い年でしたよ、得るものの多い、ね。
ハアーーーーーーーーーーーーー
浮かれたなあ・・・失恋したなあ・・・
いろんなこと好きになったり嫌いになったりしたなあ・・・
いろんなこと信じたり疑ったりしたなあ・・・
なんか文字にすると例年と変わらないようにも感ぜられます。

全部丸ごと「得たものだ」ということもできるけれど、きっと何かを失ってるんだと思う。
その何かに気づけないのが、少し怖いかな。

世界的には黒人のアメリカ大統領が誕生したり、アフガニスタンの戦争が終らなかったり、地球温暖化が進んだり、貧困が蔓延の兆しを見せたり、資本主義が崩壊しかけたり、
日本的には政権交代したり、猟奇殺人事件が頻発したり、ノリピーが麻薬で捕まったり、自殺者が例年よりも増えたり。
そうだ、今年は偉人がたくさん死んだ年でもあるなあ。
忌野清志郎、アベフトシ、マイケル・ジャクソン、森繁久彌、レヴィ=ストロース。
みんな、死ぬ時には本当に死んじゃうんだもんな。
二度と生き返ったりしないし。
友達同士で話してるときに「明日死んじゃうかもしれないんだよ?動かなかったら後悔するよ」と言ったら「極端だよ」と笑われたけど、
極端なもんかよ。
なんでみんなわかんないんだろ。
決してバカじゃないはずなのに。

運よく生きられる80余年の中で、自分の生はあらゆる世界に開かれていて、決して就職や結婚なんかに規定されるものではないこと。
失敗しないように、苦難を避けて生きたっていつかは必ず死ぬってこと。
なんでわかんないんだよ。

あたしにこのことを教えてくれた3人の恩師は、皆このことに対する怒りを胸に持っていた。
あたしはその怒りを受け継いで、来年も居心地悪く生きよう。
うん、この決意を年末までちゃんと覚えていられますように。
[PR]
by mouthes | 2009-12-05 08:41 | footmarks

快晴

良い天気ですねー
保管所に自転車とりに行ってきます。待っててねマイサン。


♪高田渡「自転車に乗って」
[PR]
by mouthes | 2009-12-02 09:14 | footmarks