皆殺し文学はやめだ

by mouthes

<   2009年 01月 ( 9 )   > この月の画像一覧

理由がいる

明日、三年越しに会えるかもしれないあの方のこと。
あたしのことなど忘れているだろうけど、あたしのほうはやっぱり気が気でない。
まるで平安文学の恋心のように、会えない時間の長じるほどに想いを募らせ、
実態のない人の影に恋い焦がれるこの感じ!
久しぶりでございます。いま、ときめいてます。
山田太一さんのエッセィを読みながら、この本を差し上げようかしら、それともチョコなど携えていこうかしら、甘いものがお嫌いではないかしらと胸が高鳴る。
いま、ときめいてます!

運よく覚えてらしたらどうしましょう。
今度こそ、後悔のないように!



きゃーきゃー


♪サケロック「灰空(はいから)」
[PR]
by mouthes | 2009-01-31 20:30 | moments!

性的人間

澁澤龍彦(敬称略)に続き、またしてもしてやられた!!

大江健三郎作品を読んだのはこれがはじめてだけど、
あんなブリュッセル・グリュフォンみたいな顔をしてこんなとんでもない作品を書いていたなんて!!

澁澤龍彦の「フローラ逍遥」を読んだときも、
「著者は朴訥な日本茶みたいなおじいさんかなあ」なんて想像していたらマルキ・ド・サドの大ファンであったことに驚かされたけど、
この人もまさか、まさかあんな穏健な小動物みたいな瞳の奥にこんなに激しい性を秘めていたなんて!!
裏切られたーーー!

いやはや、こんな頭でっかちの生娘には到底わかり得ませんでした。
男の人が羨ましいです。
すごいなー、さすが、「見るまえに跳べ」の名言は、伊達じゃないです。

内容については深く触れませんが、
何人かの登場人物には知り合いを思い浮かべさせられました。
そして自分自身もこうなるのではと思った人物もありました。
あとはもう、ただただ自分が生娘で小娘で鼻垂れだとおもうばかりで。

やーばいす。
興奮です。
正にこの本が、性的人間を生んでいるのではないでしょうか。
[PR]
by mouthes | 2009-01-27 17:03 | Movies&Books

立て直し謀略

最近、何にも興味が湧かない。

時間もない。

勉強にも身が入らない。

CDもレコードも、買ったのに聴いてない。
洋服も随分に買ってないけど、「あれがほしい」とか「こんな服が着たい」とかそういう気持ちもない。
本も読んでるようで読んでいない。



これはいかん。立て直さねばいかん。


その① 音楽や、文学、キャラクターから自分の理想をイメージし、現実に組み立てる。

その② やりたくないことをやる!

その③ 「あたしのなりたいこんな人」になりきる!
[PR]
by mouthes | 2009-01-26 17:22 | moments!
f0112996_23252586.jpg

天津・向が面白いです。
緻密な情報に基づいた妄想の薄ら寒さ、皆さんも身に覚えがあるかと思います。

そして最後の咆哮は全てのモテない恋愛弱者たちをちょっとだけ救う清々しさがあります。
ああいうのを表現する場があるだけいいよなあ、日本。
海外ではそこらへんがどのように消化(昇華)されているんでしょうか。


落ち込んだときはランタンパレードです。
中島みゆきを聴く心理に似たものがあるかと思います。
「簡単な理由」が最高です。
ランタンパレードの、作品を重ねるごとに表現(曲調、歌詞ふくめ)がソリッドになっていく感じは、
あれはあれで好きなんですが、
この初期のけだるいメロディネスも、今もう一度聴きたい。

このひとの真摯な視線に、いつもあたしは慰められる気がする。
それはこのひとの命題がいつでも善悪などではなく、
優しさとその影にあるからだろう。
あたしは、そのことについてこんなにまで真摯に考えている異性を他に知らない。
そんな視点があることを知るだけで、暗闇から掬い上げられる思い。


電車内のおじさん所有のスポーツ新聞に必ず一つは載っている女の裸は、
あれはなんのニュースですか?


今日偶然会ったスズモさんに「ジーン・セバーグみたいな髪型にしちゃって!」って言われた!
やりー!
[PR]
by mouthes | 2009-01-22 23:25 | moments!

リトル・ニモ

f0112996_442550.jpg

何度も夢に見て、長い間ずっと、もう一度見たいと願っていたあたしのファンタジーの原点。

なんてカッコつけたくなるほど、あたしはこのアニメが好きだった。
また見ることができてよかった。



センター試験が終わって、体の力が少し抜けている。
夜食のように夕飯の残りを食べたせいで、体のリズムが狂ってしまった。
部屋にはさきほど止めた暖房が生温さを残している。
気持ち悪い。
でも寒いから窓は開けられない。


夜が明ける少し前に起きているせいで、
あたしの論理を押し付けて、ずっと傷つけてきただろう彼女のことを思い出してしまう。
彼女はあたしから逃げていってしまった。
あたしには引き止めることができない。
だって引き止めたところで、きっと同じことの繰り返し。
勝手にしろと思う気持ちはあっても、それでもやっぱり別れは寂しい。
彼女の悲しみは、あたしの悲しみではなかったし、
あたしの喜びは、彼女の喜びではなかった。
それがたぶん、関係の致命傷だろうと思う。

この先どうなるのかわからないのに、結論を急ぎたがるのはあたしの悪い癖だ。
まだまだこども。中2。くそ。
ステップアップするために倫社と現国学びたい(cf:靖幸ちゃん)


明日から少しずつ、お年賀返しをしていこうと思う。
遅くても、あたしの都合しか考えていなくても、しないよりいい。ずっといい。
[PR]
by mouthes | 2009-01-19 04:42 | moments!

寂しかろうつらかろう

今がどんな状況でも、
いま、あたしがすべきこと。



お風呂に入って、床について、明日の朝気持ち良く起きる!
シンプルかつ気持ち良く起きる!



それだけのことだ。
迷うことなどないのだ!
[PR]
by mouthes | 2009-01-12 01:13 | moments!

嫌いなものが大好きさ

嫌な思い出ってたくさんあるよね、みんな。
だいたいみんなたくさんあると思うよ、たまんねえなってくらい嫌な思い出。
失敗したわー…にはじまり、くそむかつく!とか、死なないかな?とか、そんな嫌な思い出。

そんでそんなことばっかり思い出すよね、だいたい。
いいことってすぐに忘れがちじゃない。
たまに思い出すけど幻だったんじゃないかな?って思うじゃない。
ゼクシィのCMみたいな思い出とかさ、幻だったんじゃないかなって思うじゃない。
まずそんな思い出はないから幻ですらないんだけど。
まあそれはいいんだけど。

でも嫌な思い出とか、嫌な人の行動とか、そういうものって、いい思い出とかよりずっとその人を形作っていくよね。
だってたくさん思い出すからさ。

そんでこんのやろーとか、
こうはならねえ!とか、
うらやましい!とか、
キェーーーーー!!とか、
気が狂いそうになりながらも、
それは私の血肉となり、骨となり、神経になり、ひいては脳の一部になって、
明日の私になってるんですよ!

あのCDは聴いたことないけど、
マッキーだって「悲しみなんてなんの役にもたたないと思ってた」って言ってたじゃない。

もう全部恵みってことにしちゃおう。
心からそう思うにはだいぶ時間がかかるけど、何にもしないよりはましさ。
憎み続けたり、いつかしこりが溶けるのを待つよりは。
考え続けることで、どこかに行き着く。
あたしはそういうことをしていくんだ。
[PR]
by mouthes | 2009-01-09 13:15 | moments!
f0112996_10231741.jpg

あまり好きではないいちごジャムの朝です。

テーブルの上のオレンジはかじられたあとです。

11時15分から礼拝です!!

今年もよろしくお願いします!
[PR]
by mouthes | 2009-01-04 10:23 | moments!
きよしのズンドコ節が最後じゃ嫌だったので、何曲か選んで。



shining / badly drawn boy
magical mystery tour / the beatles
恋とマシンガン / フリッパーズ・ギター



そんなことを打っているうちの年明けでした。
恋とマシンガンみたいな年にしたいです。
[PR]
by mouthes | 2009-01-01 00:06 | moments!