皆殺し文学はやめだ

by mouthes

<   2008年 06月 ( 13 )   > この月の画像一覧

ああもう

嬉しい嬉しい!!!
どうしたって嬉しい!
たまんなく嬉しい!!!!!
今も顔のニヤつきが戻らない!!!!!!
あたしは今、クロマニヨンズよりも、曽我部恵一BANDよりも、ジョン・スペンサーよりも、あのローリング・ストーンズよりも、この世界のあらゆるロックンロールよりもずっとご機嫌なんだ!!!!!!!!
今この渋谷からお尻振って踊りながら帰ってもいいぜ!!!

誰がわかるもんか!!!!!!!!!!
喜びで体中がびりびりするんだ!!!!!!!!
わきなんかびしょびしょでもう頭ん中真っ白!!!!!!!!!
明日のことなんかもうほとんど考えられないんだよ!!!!!
夜が更け行くというのに、あたしにはそれがわかんねえんだよ!!!!!!!!!!!
[PR]
by mouthes | 2008-06-23 22:02 | moments!
やっしゃあーーーーーーーーーーー!!!!


嬉しい嬉しい嬉しい!!!!!
今この嬉しさをどうにかしなくちゃあ体から飛び出して一生戻ってこない気がする!!!!
今まで、そうかつて、これほど実感に満ちた喜びがあっただろうか!!!!!!!!
とんでもねえよ!!!!!!!!!
とんでもねえよあたし!!!!!!!!!!
ああやっととんでもないやつになれたんだ!!!!!!!!

ジミヘンに似てるって!!!!!
名前なんか、名前なんかこの際なんだっていいんだよ!!!!!!!
あたしは明日にもさらに新しくなれる!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!
いまよりももっと素晴らしいものに貫かれる!!!!!!!!!!!!
[PR]
by mouthes | 2008-06-23 21:35 | moments!

はううう

久しぶりにそかべさんに会ったあ!!

すごい久しぶりのはずなのに顔覚えててくれた…
髪型も全然違うのに…
はううう…
あー「おはよう」とか「キラキラ」とかすごいよかったこととか言えれば良かった…
母がLOVECITYを愛聴してることとか言えれば良かった…
美しいかたちの話とかいろいろしたかった…
すっごいテンパっちゃって何も言えなかった…
ああ動悸が止まらん…
もう!もう!幸せ!



テンパりついでにホームへの階段を駆け降りていたらおばあちゃんの足を踏んでしまった…。
「わああごめんなさいすいません」とは言ったものの、
すぐ電車に駆け込んでしまった。
「いいえぇ」と言ってくれたあのかわいらしいおばあちゃんの優しさに甘えてしまった。
本来なら立ち止まっておばあちゃんの身を案ずるべきだったのに。
懺悔します。おばあちゃんごめんなさい。
[PR]
by mouthes | 2008-06-23 17:41 | moments!

素晴らしき世界

f0112996_20584746.jpg

f0112996_20584818.jpg

藤田和日郎先生の最新作が、ついに、今日、



発売されましたっ!!!!!!!



なんて素晴らしい作品なんだろう!
ドキドキが、ワクワクが、ズキズキが、ポロポロが、ウニャウニャが、
一気に胸に押し寄せる!
この一巻の始まりから終わりまで止まらない感動!
キャラクターたちの鼓動!
漫画に込められた作者の凄まじいまでの衝動!

ああでも絶対伝わらない。
主人公の情熱や、少年漫画の王道っぷりに感動してるわけじゃないこと。
台詞まわしや世界感の巧みさに驚かされているわけじゃないこと。

心を、魂を揺さぶられたのでなければ、
絶対にわかり得ない、語り合うことすら出来ない。
お金があっても、才能があっても、顔がよくても足が早くても、
そしてそうでなくても、
この感動だけは、この感動がなければ!




長々と能書きを垂れましたが、
私は今日実りの多いおしゃべりに恵まれたので、
とても気分が良いのです。
おおくまさんにいろんな本を薦めてもらっていまから胸がどきどきする。
素晴らしい出会いの予感。
こんなことは滅多にないのです!


ちなみに上の絵は、曽我蕭白による「群仙図屏風」の一部。
この方、円山応挙と同時期にまったく正反対な画風で登場し、
それから長い間世間に相手にされなかったらしい。
それでも自身満々に「画を学びたいなら俺に習え、絵図を学びたいなら応挙の元へ行け」なんて言っていたらしい!
圧倒的な写実で絶対の支持を受けていた応挙への嫉妬も交えながら。
そして幾百年を経て対等に認められたわけですが、
ありありとした自信の裏で認められないことに拗ねている蕭白のことを思うと、
ついつい共感してしまいます。
スタンダードになりたいのに異端として認められることの複雑さね。
ただスタンダードでいるだけじゃ満足できないのよね。
そういうところが根っからの異端だという。

だという!

あーエレ片聴きたい。
そういえばさっき麒麟の川島さんとすれ違ったよ!
ってみおさんに電話しようと思ったら繋がらなかったので書きます。
日記は終わりに近づくほど、取り留めがなくなるのでした。
[PR]
by mouthes | 2008-06-18 20:58 | moments!

マナティ

最近よく出会う、アフォーダンスや構造主義なんて言われているような話。
これがまた考えてもなかなか疑問の尽きない話で、トモさんに薦めてもらった佐藤雅彦さんの「プチ哲学」でも少し触れられていた。

物事の構造を見れば、今までぼんやりとしていたことが前よりもはっきりしてくることがある。


考えてみれば(本来は考えずとも明らかだけれども)、すべてのことには構造(しくみ)がある。
人の体、そして心、技術、音楽、空間、社会、生死。

あたしにはまだまだわからないけれど、
目の前のことはあらゆるものに影響されあって目の前にある。
それはわかる。
だけど大切なのは目の前に「ある」ってことだけじゃなくてそれに自分がどう影響してどういう軌道を描いて何を成すかっていう仕組みでもあるんで、
その仕組みがもしかしたら「意味を作っている」のかもしれないと。


あともう一つあんまり関係のない話をすると、
「月が赤い」ことは、
どういう光の屈折で赤く見えているかと言うことよりも、
私が一人夜道を歩きつつ思案にくれながら「月が赤いと感じること」に「月が赤いことの意味」があるということ。
そういうこと?
構造主義。
違う気がするなあ。


あたしが今こう考えることに、
赤い月やミドリの音楽や独り歩きのすべてが影響しあっていると言われればそうかもしれないけど、
すべてはイコールでも不可分でもない。


ただ歩くことと考えることは、不可分かもしれない。
そして考えながら歩くことと、音楽を選んで聴くことは、不可分かもしれない。
そして考えながら歩きつつ音楽を聴くことと、あの金とも橙ともとれる色を「赤い月」と捉えることは、

不可分かもしれない。

まだまださ迷いたいところ、
ちょうど家にたどり着いてしまった。



♪ミドリ「獄衣deサンバ」
♪ザ・クロマニヨンズ「マナティ」
[PR]
by mouthes | 2008-06-17 21:15 | moments!

心頭滅却すれば

ちょっと、

士気下がって来てる?

また、膝附こうとしてる?

言いたいこと我慢してるって?

なにもかもどうでもいいって?



があーーうっせい!!

あたしは元気なんじゃ!!!!

やってやるんじゃい!!!!!!!!


心頭滅却せず炎は炎のままにがっぷりよっつで受け止めてやらあ!!!
そんでぶん投げて笑って友達になるんじゃあ!!!!
キンニクマンみたいにな!!!!!!
[PR]
by mouthes | 2008-06-16 00:16 | moments!

今日のできごと

予備校の自習室兼食堂にて。
ある女子と男子に遜ってお願いをしたんすよ。
「響くので、少し声のトーンを落として頂けますか」と。
本心は、2時間も携帯の機種変の話ばっかしてんじゃねえ!だったけど、
こちらが怒ったらお話にならないので、
出来るかぎり気持ちも声音も遜ったつもりだったんだけどなー。
目を付けられたなーあれ。
きっと仲間うちで変なあだ名ついたなあー。

まったく角が立つなあ。
伝わんないなあ。
美しくない。
後悔ばかりが後に積もって。
体にも良くない。

でも銀杏BOYZのDVDを見たらもう大丈夫。
君がそばにいてくれたらもう平和なのさ。

銀杏BOYZのライブは、バンドと客が同じ表情をしている。
そんなバンド、どんだけいるんだろ。
銀杏BOYZは、あたしの理想の光。
弛みのない、美しい希望の形。
ありがとう。ありがとう。本当に。
どうか絶えることのない光であるように、祈るばかりです。


あと、今日のこっちゃんも超かわいいのね。
何であんなにかわいいんだろ。
こっちゃんになりたくなっちゃうよ。
[PR]
by mouthes | 2008-06-10 01:35 | moments!

EAST WEST SIDE STORY

わかりやすい、飾り気のない、だからこそ何をしていてもかっこいい。
流行だろうが虚構だろうが泥臭かろうが、
そこに熱狂があれば良い。



どうして今ブルーハーツを聴かないの?
私に熱狂を教えてくれた、あなたがカッコつけないでくれよ。
[PR]
by mouthes | 2008-06-09 09:08 | moments!

無題

今日、「ホントに外れるかな?」とかいって思いきり口を開けたら、
あやうく顎が外れかけて慌てて押し戻す夢をみました。

これを今日誰かに言おうと思っていたのに言いそびれました。
めりめりっていう感じがとてもリアルで恐ろしかったです。
私の夢には、色も匂いも痛みもあるので、
たとえ夢じゃないか確かめようと思っても、ほっぺをつねるとか無効だ。
わりと自分の失態を追及される夢とかよく見る。
こいつが悪いんだよ…的な視線で煙たがられたり、
露骨に苛々されたり、
最近特にそういう夢が多い。
みなさんがよく見る夢はどんな夢ですか?
[PR]
by mouthes | 2008-06-07 23:24 | moments!

あいどんわなだい

何度となく聴いているはずなのに、何度となく狂ってしまう。

何でこんな感情を音楽にできんのかなあ。
好きな女の子に話かけられないとか、
電車の時間に間に合わないとか、
いつまでたっても連絡が来ないとか、
誰もいないところで頭から転んだりとか、
毎日の中で本当に取るに足りないことばかりが世界の隙間を埋め尽くして気が狂いそうになる。
そんな焦躁というにはあんまりに陳腐で、でもなにより切迫している激情とか、
嫌いで嫌いで嫌いすぎてもう好きなんじゃないかって考える自分をまた嫌いになる葛藤とか、
どうでもよすぎて名前すらないにきびのような感情の積もったやつとか、
そんな感情をがっちがちに固めて肥溜めに叩き込んで天に投げ付けて頭からかぶるような音楽ってあるんだね。
できんだね。
なんてことだろう。
やっぱり奇跡だよ。


女性は極端な方がいい。
叶姉妹は品の無さと周りの扱いが極端で、やっぱり見てしまう原理はそこだ。
[PR]
by mouthes | 2008-06-04 12:25 | moments!