皆殺し文学はやめだ

by mouthes

<   2008年 02月 ( 12 )   > この月の画像一覧

肩甲骨

一昨日くらいから左の肩胛骨のあたりが痛い。
前から集中したり同じ姿勢のままだとそこが痺れるんだけど、
多分それの延長みたいなもので筋肉痛なのだ。
英文訳してても少女マンガ読んでても洗い物してても痛い。
父さんに押してもらう。

「父さんは、マッサージしたりしてもらったりしてるから、押すのがうまいね」
「そうかい」
「うん。母さんは力が強いから痛い」

耳掃除もそうだったなあ、と思った。

「あんたは痩せてんなあ」
「ああ、昼に起きて用事のある日だけ早く起きるような生活してたから、食事の数が減ってさ」
「骨を押してるみたいだよ。はい、終わり」
「ありがとう、楽になったよ」

明日は卒業生を送る会です。卒業アルバムも貰います。
昨日部屋の掃除をして、溜まったプリントをまとめていたら、
これをくれた色白で偏屈で厳しくてまっすぐな、優しい先生を思いだした。
思い出したら泣けてきた。
時期に別れていくのが、とても淋しい。
でも、そんなことを言うとまたこの人に諭されそうなので、
言いません。
頑張ります。
おやすみなさい。
[PR]
by mouthes | 2008-02-28 01:05 | moments!

静かに歌えば

まるで体の中に風の柔らかに吹くよう。
聴かせようと思った途端、やましく濁るのよ。そうなのよ。
思いもかけず奥ゆかしい。

あたしはずっと花見がしたいのに、
こんなにずーっと花見がしたいのに、
花見のことなら一月から考えていたのに、
それなのにうまくいかないなんてなしだからね!!!!神様!!

あ、神様と言えば、
図書の先生に借りている川上弘美さんの「神様」という小説、
まあ短編集なんだけど、これがかなり良い。べらぼうに良い。まるで文句もぐうの音も出ない。
f0112996_21595577.jpg
この短編集の女の子はどれも市川実日子ちゃんのイメージで読んでるんだけどね、
もうより一層の透明感だけで心が満たされる。

バカンスまであと2週間もないぜ!
枕も買い換えて満身創痍だぜ!
[PR]
by mouthes | 2008-02-24 22:13 | footmarks

きました!

f0112996_2173730.jpg

f0112996_2173714.jpg

ランデブーTシャツ!
ピックがおまけです!!
胸キュンでさあ!!!
[PR]
by mouthes | 2008-02-21 21:07 | moments!

おはよう

起きたのは8時半だけど動き出すまで3時間かかりました。
[PR]
by mouthes | 2008-02-21 12:07 | moments!


・嫉妬
・ハナノユメ/チャットモンチー
・ソラニン
・岸田様
・曽我部さん
・進路
・幸せ Ⅰ
・幸せ Ⅱ

・これから











・嫉妬

バレンタインから最悪。
最低。最低なあたし。それは前から。
確かに、全くもって付き合っていたわけじゃないし、
逆に友達然としていたし、
好意をもたれている気もしなかったし、
だからこそ空回っていた自分に腹が立つ。
あたしはまた、優しいってそれだけで恋をするところでしたよ。
電話をしても嫌なそぶりを見せないってそれだけで持っていかれるところでした。
でしたとさ!!!!!!!!!!!!!(携帯をぶん投げ)
なんだよ人が勉強したりFFしたりしている間にどっかで誰かを彼氏彼女といちゃいちゃさせながら回ってんじゃねえよ地球!!!!!
ううん、地球は悪くない。
地球は良いよなあー、怒っても怒りかえさないし。
偉大だし。(地面に寝そべりつつ)
人間が地球温暖化促進させたり核戦争起こしたりしても回り続けるんだもの。
よし、生まれ変わったら地球になろうかな。
いや、そーれーはー嘘だなー。
という、やや宇宙規模の現実を見つめながら、過ごしていたことに今、気付きました。
これを見てあたしを笑ってるようなやつはきっとばかを見るぞ!!!!!
マッキーも言ってたよ!!!




・ハナノユメ/チャットモンチー


そんなことがあってからというもの、
あたしの心にフィットしてなかなか離れない心のヌーブラのような曲。

♪薄い紙で指を切って 赤い赤い 血が滲む
 これっぽっちの刃で 痛い痛い指の先

ギターのうねりがあたしのこの諾々とした思考を表しながら押し流してくれるようで、
こればかり聴いてしまう。
チャットモンチーのラブソングは、相手との関係性がはっきり見える曲って少なくて、
最初は聞きづらかったけど、とっかかりがあると思った以上に沁みる。
カラオケだと、あまりに高くて歌いづらい。
あの女の子の声が、うらやましいなあ。
言葉にするのは難しいけれど、
あたしがこれから「女の子」を通過するのは、とっても難しいだろうなあ。
傍にいて、内面にあまり踏み込まなくても笑顔で人を包んであげることが出来る、「女の子」。
涙やささやきが無条件にかわいい、「女の子」。
太陽や星に例えることができる、希望そのもののような「女の子」。
過激で下劣な言葉も下世話にならない、そんな「女の子」。
男の子はそんな女の子を、彼女にしては子どもを作るんだろうよ。
あたしの大好きな松田龍平さんとあたしの大好きな太田莉菜ちゃんが付き合ってるんだって!
嬉しいやら悲しいやら挨拶に行きたいやら様子を聞きたいやら友達になりたいやら。
雑誌を見て憧れてしまった莉菜ちゃんの髪型になりたいがためにのばしたこの長い髪。
複雑な心境です。




・ソラニン


or さんが以前書いていた記事で気になっていたこのマンガは、
様々な場所からあたしに入ってきた。
本屋のPOPや、峯田くんと著者との対談や、くるり岸田さんの日記。
時期を待っていたのですが結局このむしゃくしゃしたタイミングに読み始め、感動。
まだ途中だけど、これ良いマンガだなあ。
「虹ヶ原ホログラフ」と合わせて、「この人は良い漫画家さんだ」と思った。
この人特有のどろどろの迷いと切実すぎる希望が好きだ。
あとはそうでもない。でもそれは最高の好き方だと、ふと思う。
これからも、出会ったかのようにこの人のマンガをふと手に取るのだろうと、思う。



・岸田様


くるりの初ライブCDが発売されると言うことで、最近よくCMで目にする。
あえて様をつけて呼びたくなるほどめろめろだ。ヨン様と同じ感覚だ。
このひとに奥さんがいるなんて考えたくないほどにめろめろだ。だからといって別れてくれとも思わない。
ただあんなラブソングを歌われているただ一人が、心の底から羨ましい。
だって羨ましくない?
直接的なフレーズは、思い浮かばないけどさ。




・曽我部さん


ああこの日記、どんどん腐ってきた。
ぷんぷん匂う、女の心が放つ腐臭が。
こんな状態で曽我部さんのことを書くのが申し訳ない。
だけどこの方の音楽を、ずっと聴いていきたい。
もっと近づきたい。
こんな腐った心でものを書いている日も、それは変わらない。
この人が引き合わせてくださったたくさんの人々。
この人に引き合わせてくれた兄。
兄を生んでくれた両親。
両親を生んでくれたじいちゃんばあちゃん。
じいちゃんばあちゃんの生き抜いた凄まじい時代。
あたしの考えは大体その辺りでせき止まるけれど、
もっともっと続く悠久の流れの先にいる自分。
なんだか申し訳ない。
もうしわけねえーよー。



・進路


久しぶりに進路のことで不安になった。
でも、本当はずっと前から不安だったはずだ。
気付かなかったんだろう、きっと。
あたしバカだから。
でも幸せだった。この不安に気付かないで、すごく幸せだった。
不安と向き合うと、目を逸らしている自分に気付く。
まだ間に合うから、生きることは怖い。
自分の歩く道の3歩先には、いつでも不安がいる。
そしてあたしの足は、良くも悪くもあたしの体を支えるほどに丈夫だ。
様々な思惑や、そんなこととは全く関係のない強風にさらされるこの身を支える、
この足は、
きっと祝福されているために丈夫なのだ。ハレルヤ、ハレルヤ。



・幸せ Ⅰ


滅び行く国でも、建設的でない若者でも、いい加減な政治家でも、家族を失った遺族でも、
揺るがないあたしの幸せが正しいかどうかなんて知らない。


・幸せ Ⅱ


一生懸命に生活している、その自覚が、あたしを幸せにしてくれている。
この感謝を、こんな夜中にいったいどうしろっていうのさ。
エコーのかかった幸せが、平衡感覚さえ奪っていくようです。
ため息さえ、もう誰のものか判らない気がします。







・これから


これから、あたしの戦いが始まります。
様々なものが変化していく兆しを感じました。
あたしはきっと、このままではいられません。
この先、今手にしている何かを絶対に失うでしょう。
ちょうど歯の生え変わりのように。
もっと硬い何かを飲み込むための、堅い堅い牙を得るために。



これから、眠ります。
きっと昼まで。
朝に起きたら連絡します。
おやすみなさい。
[PR]
by mouthes | 2008-02-21 00:52 | footmarks
深刻ぶった女はきれいじゃないから♪


なんか怒ってばっかりだから、
きっとひまなんだ!
チョコ買ってこよう!
兄にiPodを貸したので、本とーーに久しぶりのNO MUSICで。
心の中のダンスホールで踊り狂うためのね!!
あ、でもドラクエは持っていこう。


ということでもちろん心のDJ1曲目はこの曲。


♪スチャダラパー「ゲームボーイズ」
[PR]
by mouthes | 2008-02-14 17:36 | footmarks

だいじょうぶはまけん?

f0112996_14365853.jpg

ハマケンさん面白すぎるなあー

兄がSAKEROCKのDVD欲しいって言ってたのもわかるなー
そしてスペシャボーイズのゲストに来てた「グッドラックヘイワ」さんたちにトキメキを持っていかれました…
あの、SAKEROCKのドラムの人、そっこーチョコ渡したくなるくらいときめいた。
あんまりこだわりのなさそうな七三わけと一歩引いていそうで引ききらないたたずまいが極端に好き。すっごい好き。
キーボードの人も好きだけどもっと好き。
そしていつのまにかグッドラックヘイワ大好き。
ほんとかっこよかったなグッドラックヘイワ。
CD買いに行こうかなー。
ついでにチョコも。




それにしても、CM面白くない。
見たことのあるような、聴いたことのあるような。
みすちるかな?じゅでぃまりなの?あじかん?どらごんあっしゅ?
まるでハリウッド映画現象で。
今まで先人たちがやってきたことをさ、
できるようになったからそれをやって満足してるんじゃないの。
フォロワーにはないインパクトが、ないよ!



♪スチャダラパー「あんた誰?」
[PR]
by mouthes | 2008-02-14 14:36 | moments!

わかんないけどね

わかんないけど、さ、なにも。
無知で甘ったれで弱くてどーしよーもないかろうじて人間のあたしにしてみればさ、
岡村ちゃんを責めることなんてできないよ。

こうやって言うことが弱さを誇示してることになることも、まあ、考えられないことじゃないけど、
あたしはもっとばかだし、大して考えもない。
ここに書いてることもなんかの建前なんじゃないかなと思うほど自分の本音に自信が無い。

「裏切られた」って泣くことはできる。「くそったれ」「死んでくれ」って気持ちもわかる。
あたしはそうは思わないけど。

だけどこのことについて倫理観だの芸術家と薬物の関係だの甘えだの弱さだのと、

のたまう気持ちは全然わからん。

ごちゃごちゃしてて中身がない。
こんなことを言ってはなんだけど、そんなことと岡村ちゃんは全然関係ない。

「お前の話だろ?」としか思わない。

本当に、乱暴な言葉でしか語れない自分が情けないけど、
「お前がどんだけ偉いんだよ」と、思う。




と、ここまで書いて、
一息置いて、スズモさんの短いコラムを読んで、やさしい気持ちを感じて、静かな気持ちになって、

こんな汚い言葉じゃ世の中どうにもなんないよなあー。

でもさ、冷静に考えても、
岡村ちゃんが誠意を持たなければいけないのは、
「岡村ちゃんに対するたくさんの思い」にだけなんじゃないの。
倫理観、とか、芸術家として、とか、きっとそんなのはただの独り言だから、
岡村ちゃん、だいすき、早く戻ってきて。

あたしがここで元気になってほしいだけって書くのも、また、建前になるだろうからさ。
[PR]
by mouthes | 2008-02-12 00:06 | footmarks

愛しい靖幸ちゃん

f0112996_1265935.jpg


岡村靖幸、覚せい剤で三度目の逮捕。


次兄が、マッキーが逮捕されたときに力なく、現実味すらなく、「超ブルーだよー…」と言っていたのを思い出すよ。


岡村ちゃん・・・大好きなのに・・・


去年の末に行きたかったあのライブに、行けばよかった。
次があるさなんて思うんじゃなかった!
あたしがばかだったーーーーーーー!!!!!!!!
胸が苦しいよ。
一度で良いから会いたかったよ。
周りに呆れられるほど観にいきたかったよ。


岡村ちゃんのファンサイトやコミュニティの掲示板では、

やはりあーだこーだと議論を醸しているけど、

覚せい剤はよくないし、

ほとほと愛想が尽きるのも納得できるけど、

すごく悲しいけど、

あたしは岡村ちゃんに死んでほしくない。
1度でも岡村ちゃんのライブが見たい。
岡村ちゃんの新曲ができたらすぐ聴きたいし、
カラオケでたくさん歌いたい。

ファンの優しさとか、受け入れる場所とか、
帰ってきたい環境とか、今までのものが全部嘘とか、

正直どうでもいいよ。

このまま死んじゃうなんてことが、あったら一番いや。

愛しい岡村ちゃんの夢を抱いて眠るよ。
あー泣きそうだよもうー。
[PR]
by mouthes | 2008-02-07 02:23 | footmarks
遊び半分で作ったプレイリスト!


” noon ”

1, それは僕ぢゃないよ / 大滝詠一
2, ショートホープ / 中村一義
3, モルヒネ / 椎名林檎
4, 髭と口紅とバルコニー / ダブルオー・テレサ
5, あんた誰?(REMIX) / スチャダラパー
6, 水色革命 / Number Girl
7, Peach X'mas (Lowkyu Okamura Mix) / 岡村靖幸
8, ドアをノックするのは誰だ? / 小沢健二
9, 手のなるほうへ / チャットモンチー
10, ベラマッチャ / SAKEROCK
11, いかれたbaby / FISHMANS
12, ジュディ・シルのこと / Lantern Parade




途中から見えない誰かを探し出すくだり、そしてその答えがだんだんと明らかになっていく夕暮れ、
そんな午後に浮かれたいばかづらのテーマソング!
[PR]
by mouthes | 2008-02-01 16:06 | footmarks