皆殺し文学はやめだ

by mouthes

兄とする男女の話

最近、仕事の合間に家による兄と男女の話をする機会が増えた。
「最高の離婚」の影響もあるのだが。

兄は強烈な母親と極端な妹を持ったことが影響してか、
それとも兄の持つ強固なロジックが全くあてはまらない女性たちとのお付き合いのせいか、
「女性はわからない、不可解、不気味」というようなことを折に触れて言う。

真木よう子が「別れたくない」と言った綾野剛に対して、「ごめんね、そういうの気持ち悪い」と言ったことなんか、
「女の人って急にあんなんなるよね、ほんと怖いよ」と慄いていた。
私は「こわいけどあるあるだなあ」って思ったくらいだったけど。


「南極料理人」が「男子ってバカだなー、いいよなー!」っていう映画だったので、
「女子っていいよなー!」っていう映画ないかなあと思っていろいろ考えてみたんだけど、

あんまりないんだよなあ。

「ローラーガールズ・ダイアリー」とか、「ウエイトレス」なんかは最高なんだけど、
それくらいか?


f0112996_17555648.jpg




f0112996_17543252.jpg




まだ観てないけど「櫻の園」が良いっていう話もあったなあ。

「リンダリンダリンダ」、「フラガール」、「書道ガールズ」、「スウィングガールズ」、
良い映画は確かにあるんだけど、なんだろう、この部活から逃れられない感じ。
あと、やっぱり男の人が思う女子像なのではとも思うよなあ。
「ヤング≒アダルト」の方が女子だもんなあ、それ思うと。


f0112996_1757118.jpg




そしてあの映画は「女子っていいよなあ」なんて生ぬるい気持ちにはさせてくれない。
触るもの皆傷つける。
女の子は自分の事を憐れまないし慰めない。
男子と違って。
だから女の子は腐らないし、「女の腐ったようなやつ」は全員男。

女の子は強いから、生まれたときから個として独立している。
男子のバカな一体感に見る、全員で何かをしよう、ってことはあんまりない。
満たされないんだよなあ。

兄が「女子は強くて邪悪、男子は弱くて素直」って言ってたのも、面白かった。
私が「そして弱いっていうのを言い訳にして自分を守るために世界を狭めてすぐ逃げるじゃん」て言ったら「そういうところはあるかも」と言っていた。
「でも男はバカで素直だから、自分の利益のために嘘とかつかないと思う。男はバカだから本当に見えてないんだよ、世界を自分で狭めてるってことにも気づいてない。
女の人はすべて見えてるくせに見えていないふりをして嘘をつくじゃん、そしてそれを誰にも悟られない」って。
それはそうだよね、だって強欲だもん。
「でも男の子と違って、女の子はひとつの心でものを考えてるわけじゃないからね」。


「女の子はすべて見えているのにそれをごまかすし、男の子はバカだから何も見えていなくて間違える」、
それはその通りだなあ。


どこまでも平行線!
だけどこんな会話で女の子の事ちょっとだけ好きになったなあ。
[PR]
by mouthes | 2013-02-26 17:57 | footmarks